« 自転車も安全運転があたりまえ | トップページ | お正月に欠かせないものの中に・・危ない物が »

2007年12月29日 (土)

温いような雨の中、松と竹取り物語

変に温かいあめが昨夜から降り続き正月用の松や竹をとりに行くのに様子を見ていましたら午後から小止みになったので出かけていきました。Img_0403

山にある私が植えた松の木数本をぐるぐる回って枝振りのいいのを探すのですが毎回難しいのです。
枝数が七五三に揃うなるように3本見つけるわけですからなお難しい。

やっとこさ見つけて帰宅して明日の飾りつけの準備ができました。
この無造作に置くのはなにか気がひけるのですが、まあ気にしないと言うことで・・・

ついでに門松も造り、神棚用の「御幣」も切り終えてしまいましたのであすは注連縄と餅を上げれば正月準備完了です。

うぅぅぅ・・・・・・・・・・・・・たぶん(ーー;)・・

|

« 自転車も安全運転があたりまえ | トップページ | お正月に欠かせないものの中に・・危ない物が »

コメント

やっぱり30日に飾り付けですね。
31日はだめなのかな~

投稿: もうぞう | 2007年12月29日 (土) 19:33

こんばんわ。
自分が、「幼少時代」の頃、「31日」に、自宅に「しめ飾り」をしているのを見たことが有りました。
今は、その様なことが見られません。

投稿: H.K | 2007年12月29日 (土) 19:59

我が家は父がすべて仕切ってやります。私は任せています。これから忙しくなるので今年最後のコメントです。来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。

投稿: 阿武蜂虎蔵 | 2007年12月29日 (土) 21:49

)もうぞうさん

私のところは本来31日です。
今は早めにして大晦日をのんびりしようとしてます
 
 
)H.Kさん

テレビの影響でしょうね。31日でいいんですがね
 
 
)阿武蜂虎蔵さん

こちらこそよいお年をお迎えください

投稿: 玉井人 | 2007年12月29日 (土) 22:07

玉井人さんの家では、私たちが子供の頃と同じように注連縄や松飾りを作っているんですね。
実家でも、今頃父が作っていると思います。
昭和40年代のあの頃は、まだ、祖父が現役で、作っていました。なつかしいです。

投稿: チエちゃん | 2007年12月29日 (土) 23:34

)チエちゃん

注連縄だけは作りません。買ってきたものです(藁が無いので)。
そのほかの松飾などは自家製ですね。

投稿: 玉井人 | 2007年12月30日 (日) 00:05

いよいよお正月らしくなってきましたね。あるところには、お正月飾り(門松)は28日までにするなんていうのがありました。29日は9(苦)がつくので「苦立て」といってこの日には何もしない、また大晦日の31日に飾るのを「一夜飾り」といって、神様を迎えるのに失礼だということから嫌われているというのです。ならば30日ならいいのではないでしょうかね。

投稿: koji | 2007年12月30日 (日) 03:30

)kojiさん

テレビの影響は大きいですね。我が家は普通大掃除がすべて終わった大晦日だったんですよね

投稿: 玉井人 | 2007年12月30日 (日) 10:16

こんばんは
自家製のお飾りをされるのですか?すごい!!!
こちらは先ほどまで激しい雷雨でした!
今の季節に大雨注意報や洪水注意報が出ています。

さて飾り物はさっさとしてしまったので後はぐうたらしていたいと思います!
今の季節に大雨注意報なので正月が来る実感はまったくわいてきませんが!

投稿: Racexp | 2007年12月30日 (日) 16:30

)Racexpさん

こちらは「今夜から大雪の恐れ」の予報が出ていますのでそちらもそうなるんじゃないでしょうか

投稿: 玉井人 | 2007年12月30日 (日) 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温いような雨の中、松と竹取り物語:

« 自転車も安全運転があたりまえ | トップページ | お正月に欠かせないものの中に・・危ない物が »