« 二輪車(バイク)に乗り気づいた事・part-2 | トップページ | 「行火」←知ってますか?読めますか? »

2008年9月18日 (木)

日本には“標準語”が無いのです!!?

ネット上や参考書などをあちこちと検索したりしていますと意外なものにあたるときが良くあるものです。
そこで見つけたタイトル「日本には標準語がありません」という驚きのものでした

標準語の定義⇒人為的に言葉の欠点などを法律で訂正整備された規範性の強い国語』となるそうで、話し方アクセント単語などが法で規制される厳しいものを指すようです。
そのため日本では「言語とは時代などによって変化するものなので、法などで規制するのは適さない」との判断から標準語を設けないことになったそうです

「それなら現在NHKのアナウンサーなどが使う“共通語”は何を基準にしているのだろう」と思いますよね

その基準となっているのは『東京の山の手の中流家庭が使っている言葉』になっているんだそうです
なんとあいまいというか、アバウトな基準でしょうか。
それだったら、少しくらい変な言葉でも「間違ってる!」などと言わなくてもいいような気がしますよね

と、いうことは100%近く福島弁を話すわたしの言葉でも使い続ければそれが共通語になる可能性があるということです
何か、変な安堵感が起きますね(

|

« 二輪車(バイク)に乗り気づいた事・part-2 | トップページ | 「行火」←知ってますか?読めますか? »

コメント

貴方のご意見のとおりだと思います。標準語は古代から現在まで同じではありません。言葉は時代により変化しています。現在の標準語が将来も同じとは思えません。流行語は時代によって変化するが、標準語は変化しない。とはいえないと思います。標準語とは日本国民の皆が共通に、理解して話す言葉だろうとは思いますが・・・。私は長崎県出身ですが、幼少期・青年期は高知県での生活でした。現在は愛媛県が定住地となりました。各地を転々としているうちに各地に方言があることが分りました。私が高知県だけに住んでいたら、高知県の言葉が標準語と思っていたかもしれません。"だってさが"標準語とは思えません。

投稿: longisland459 | 2008年9月19日 (金) 05:47

私は京都市内に生まれ、4才から京都府の園部に育ちました。同じ京都でも言葉は本当にビックリするほど違います。「おみやがおわるおしたな。おいども」ってわかりますか???「お足が悪かったですね。お尻も」って意味です。京都でも、以前は本当に品のよいみやびな言葉を話すお年寄りの方がいらっしゃいましたけど、最近は聞きません。

投稿: 山口ももり | 2008年9月19日 (金) 07:44

たしかに「標準語」という言い方をしなくなったやに聞き及んでおります。
「共通語」という言い方に替えたらしいですね。
最近の方言ブームは、大歓迎です。もっと以前からこの様な傾向があれば、とくに東北の金の卵達は、苦労しなかった事でしょうにね~

投稿: もうぞう | 2008年9月19日 (金) 20:00

) longisland459 さん

同じ県内でも通じないときがありますから、他県に実際に行った方はその土地の言葉の違いを実感するでしょうね
 
 
)山口ももりさん

国語学者に言わせればその時代の首都の言葉が基準となるそうです
ですから日本語には奈良、京都そしてアイヌの言葉が根底にあるそうですよ
 
 
)もうぞうさん

金の卵、我が同級生も非常に苦労したそうです。
その地方出身者が今の流れを作っているのかもしれません

投稿: 玉井人 | 2008年9月19日 (金) 21:08

私は山手線内で生まれ育ちましたが祖父母と母が新潟の直江津出身なのでかなり直江津弁を混ぜて喋ります。東京にも江戸弁が多いですから、下町でなく山の手にしたんでょうけれど。
当時の同級生達にも転校生がけっこういて、そう言う話題が楽しかった憶えもあります。
小学校では共通語、と教えられましたが、実社会では標準語、どちらが正しいのだろう、と思っていたら今回の記事で納得致しました。

投稿: 秋ぎつね | 2008年9月20日 (土) 11:28

)秋ぎつねさん

小学校のころ・・・そうでしたか。昔過ぎて記憶が無いですね
今は方言を大事にする傾向がありますからかえって共通の言葉は大事かもしれませんね

投稿: 玉井人 | 2008年9月20日 (土) 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本には“標準語”が無いのです!!?:

« 二輪車(バイク)に乗り気づいた事・part-2 | トップページ | 「行火」←知ってますか?読めますか? »