« ヘチマという‘食材’の語源に追加説を | トップページ | 韓国が広州アジア大会で中国に噛み付いた! »

2010年11月18日 (木)

やはり、いっぱい入っている具材

頂き物が有りました。

Img_0401

かなり東北のお土産では有名なので全国的にも知られていると思うのですが・・(?)

宮城県、仙台名物の「笹かまぼこ」です。これはこのままでもおいしいものですが、わさび醤油でが良いですね。

いつも直ぐに食べてしまうので、何で出来上がっているのが裏書をジックリ見たことが無かったので今回はパッケージを捨てる前に見てみることにしました

  • たら、ぐちきちじ、卵白、水飴、味醂、食塩、小麦、でんぷん、魚介エキス、砂糖、調味料、鮭、大豆

と、記載がありました。

笹かまぼこも作っているところによって微妙に味が違いますので、この内容も少し違うのかもしれませんが、「たら」だけだと考えていた私にとっていろいろ入っているものだと思ってしまいましたね。

ところで、材料になっている中の「ぐち」と「きちじ」という魚は聞きなれない名ですよね
私も知らなかったので、調べてみました。

ぐち」とは捕らえたときに「ググ」と鳴くそうでそれが「愚痴を言っている」ようなので宮城県辺りではそう呼ぶようになったそうです。
全国的にはこの魚を食べると体内にある‘耳石’と言うのが口に当たることが多いため「イシモチ」と呼ばれている魚でした。

そして「きちじ」とは「キンキ」と言う魚の宮城県での地方名だそうです。

こういう表記と言うのは地方名も許可になっているんですね。小さい発見でした

そういえば、思い出しました。「たら」を韓国・朝鮮では「明太」と書き呼ぶんでした。

|

« ヘチマという‘食材’の語源に追加説を | トップページ | 韓国が広州アジア大会で中国に噛み付いた! »

コメント

地方名がOKとは知りませんでした。
化粧品などもなんでこんなに多くの原料が入っているのかって、思ってしまいます。

投稿: もうぞう | 2010年11月18日 (木) 19:43

もうぞうさんへ

シャンプーも商品によってはすごい種類ですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月18日 (木) 20:36

笹かまぼこ、美味しいですよね〜。
チーズ入りやら色々出来て、大好きです。
方言がOKということは、あまり伝える気がないのかな?
地元の人向けなのかな。

投稿: くぽ | 2010年11月18日 (木) 20:56

くぽさんへ

魚介類は非常に地方名が多いので、こうなったのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月19日 (金) 08:07

へ・え・え・・・何も知らずに美味しく食べてしまう私です。

投稿: 山口ももり | 2010年11月19日 (金) 09:19

笹かまぼこは「鐘崎」のものが好きですね(*^-^)
でも笹かまぼこに「水あめ」が入っているとはちょっと意外でしたね。
辛子明太子の意味分かりました!!


投稿: HAPPY太郎 | 2010年11月19日 (金) 10:55

山口ももりさんへ

おいしいときは、そうですよね
 
 
HAPPY太郎さんへ

私も驚きました

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月19日 (金) 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり、いっぱい入っている具材:

« ヘチマという‘食材’の語源に追加説を | トップページ | 韓国が広州アジア大会で中国に噛み付いた! »