« 原爆反対を必死に訴えたGHQ司令官が存在した | トップページ | 疑心暗鬼という「鬼」 »

2011年8月10日 (水)

こんなに痛い棘とは・・・

昨年、妻の実家らいただいた冬瓜、母親が食べ残しから種を取り出しておき今年植えましたらちゃんと芽が出、そして実ができました。

Img_1249

フォトのがそれです。買った種じゃないのであまり大きくはなりませんでしたが、縦30センチ以上、横15センチ近くのちょうどいい大きさになりました。

冬瓜を育てて初めて知ったことが有りました。

それは、葉と言わず、茎と言わず、実そのものにびっしり生えた鋭く硬く長めの繊毛が有ることです。

それに触れた時の痛さは驚きでした。南瓜のように伸びたそばを草むしりをしていたら腕が野茨にでも触っているのかのように痛いので何かと思ったら、トウガンの葉の繊毛が長袖を通して刺さっていたのです

もっと驚いたのは実にもその鋭い繊毛がビッシリ生えているのです。
この繊毛は収穫時期の目安にもなっていて、素手で触ってもあまり痛くない状態になったら収穫適期と言うわけです。ただそれでも油断すると刺さるので手袋は必須です

店で売っているのは、お客がこれに刺さって怪我しないようにその鋭い繊毛を布などで拭き落しているようですね

こういうことは、栽培してみないと分からないですよね

雑学>
この針のような繊毛が若い実についている様子が鴨に似ていることから元々日本では「カモウリ(鴨瓜)」や「加茂瓜」と言っていたが、江戸時代に入って中国の呼び名「冬瓜」が使い始められ今に至るようです。

|

« 原爆反対を必死に訴えたGHQ司令官が存在した | トップページ | 疑心暗鬼という「鬼」 »

コメント

へ~知りませんでした。
当地は「かもうり」といいます。
とうがんとかもうりは、同じ物だといいますが、ちょっと違うような気もします。

投稿: もうぞう | 2011年8月11日 (木) 06:21

もうぞうさんへ

雑学を追記しました。
「カモウリ」のほうが本来の日本の呼び名のようです

投稿: 玉井人ひろた | 2011年8月11日 (木) 12:35

今年は上損なったので、来年は植えてみようと思っています。とげの話、参考になりました。おいしいですよね。私は、三枚肉と炒めたのが好きです。

投稿: 鹿児島・かっちゃん | 2011年8月12日 (金) 14:06

鹿児島・かっちゃんへ

我が家では以前からズッキーニは栽培していて食べていましたので、それに近いのかと思いましたらもっと癖が無く食べやすいのには驚きました

投稿: 玉井人ひろた | 2011年8月12日 (金) 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなに痛い棘とは・・・:

« 原爆反対を必死に訴えたGHQ司令官が存在した | トップページ | 疑心暗鬼という「鬼」 »