« 大事な要件は、お会いして、それとも電話? | トップページ | ちょっと違いが有るビニール傘 »

2012年6月18日 (月)

補 殺 の 調 査

国内では絶滅の恐れがあるゼニガタアザラシは鳥獣保護法の「希少鳥獣」に指定されていますが、その保護ゆえに北海道の襟裳岬周辺などでゼニガタアザラシによる漁業被害が増加し、それで暮らす漁業者にとっては死活問題になっているそうです。

その問題を受け、環境省や地元の漁業関係者が16日、襟裳岬があるえりも町で対策検討会を開き、環境省側が上限を40頭としてゼニガタアザラシの捕殺調査の決定を発表したそうです

補殺調査は、ゼニガタアザラシと漁業との共存を図るためのデータを収集するためとされますが、半分は「駆除」が目的であることはその頭数の上限‘40頭’というもので推測できます。

愛護団体からの反発は必至でしょうね。

福島県内では尾瀬国立公園のシカ被害が深刻ですが、まだ解決に至っていない現状です

難しいんですよ野生動物との共存というのはね。キーワードは「保護の在り方」です

|

« 大事な要件は、お会いして、それとも電話? | トップページ | ちょっと違いが有るビニール傘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 補 殺 の 調 査:

« 大事な要件は、お会いして、それとも電話? | トップページ | ちょっと違いが有るビニール傘 »