« 異例 | トップページ | FUKUSHIMA ふくしま 福島、て何? »

2012年7月15日 (日)

炭酸飲料は青森?

総務省統計局では家計調査というものを行っています。その調査範囲は「こんなものも?」というものまで細かいのには驚きますし、「それは何に役立つのか?」とも思ってしまいますが、その結果は意外と面白いものです。

その中の一つで、今回明らかになったのが‘炭酸飲料を飲む市町村ランキング’です。方法は、炭酸飲料の一世帯当たりの平成21~23年平均支出金額という形で表わされています。

多い市町村上位

1位 青森県青森市 ( 6,021円)

2位 北海道札幌市 ( 4,614円)

3位 山形県山形市 

4位 岩手県盛岡市

5位 群馬県前橋市

青森市はダントツの1位だったようです。

ちなみに青森市は「缶コーヒー」も全国1位になっているそうで、それもより甘い缶コーヒーが好きなようです。青森は甘いものが好きな人が多いようですね。

逆に、炭酸飲料消費量の少ないところは、下から福岡、鹿児島、松江、大分と九州や西日本に集中するようです。

飲料業界の統計によると、日本では気温が28゚Cぐらいまでは炭酸飲料がよく売れ、30゚Cを超えると、お茶やスポーツドリンクやミネラルウォーターが良く売れるようになるんだそうです。

青森では、8月のもっとも暑い時期で、日最高気温の月平均気温が28.4℃。7月は27.5℃、9月は24.7℃と、8月をピークに下がり、
炭酸消費量の少ない福岡の気温は8月の日最高気温の月平均気温は、31.9℃となるようで、消費量の差はこの気温も影響しているんじゃないかと言う推測もあるようです

さてそうなると、「甘い物が好きならば、まさか青森市は肥満の人も多いの?」という冗談めいた疑問がでますよね。

それがですねえ。

文部科学省が実施している「全国体力・運動能力、運動習慣調査」による肥満率ランキングを見ると、男子小中学生肥満率女子小中学生肥満率ともにやはり全国1位は青森になっているんだそうです。

これを健康な県とみるか否かは賛否分かれることでしょうが、おもしろい関係のランキング結果であることは間違いないですね。

わたしは、やはり夏は麦茶、そして缶コーヒー・・・あら!まずいかな

|

« 異例 | トップページ | FUKUSHIMA ふくしま 福島、て何? »

コメント

こんばんわ。
お久しぶりです。
へぇ~、青森県民って、そんなによく炭酸飲料を飲むなんて凄いですね。
ちなみに、夏によく飲むものは・・・。
・スポーツ飲料。(特に、アクエリアス。)
・炭酸飲料。
・麦茶。
は、良く飲みますね。
後、最近自分は、「ゴボウ茶」にはまっています。
これは、「医師・南雲先生」が愛用して飲んでいる健康茶です。
(詳しい事は、検索で。<(_ _)>)

投稿: H.K | 2012年7月15日 (日) 21:38

H.Kさんへ

好みは同じですねえ

投稿: 玉井人ひろた | 2012年7月15日 (日) 21:43

この手の調査の信憑性は?って思うのですが、ま~そこそこ正確なんでしょうね。
これから暑いときの風呂上がりは、なんといっても「氷」です。
がりがりかじります。

投稿: もうぞう | 2012年7月16日 (月) 07:22

もうぞうさんへ

私の甥が、同じです

投稿: 玉井人ひろた | 2012年7月16日 (月) 08:28

飲み物の好みも年齢とともに変化するのかも知れませんね。わたしが若かりしとき、暑い時期は何といってもコーラを中心として炭酸系でしたね。それが今は炭酸系から緑茶・紅茶、時々甘いジュースというところでしょうか。風呂上がりには何と言っても冷たい牛乳ですね。
ところで自販機でお年寄りを見かけるのですが、缶コーヒーが好きなようですね。わたしもお年寄りには砂糖をたらふくサービスしてうんと甘~いコーヒーをよくご馳走になりましたから、お年寄りにとっては甘さがうまさなのかもしれませんね。
でお年寄りが孫に甘い缶コーヒーを買って与え、予備軍をつくっているのかも知れませんね。ハハハ、無理がありましたね。

投稿: koji | 2012年7月16日 (月) 09:19

kojiさんへ

年齢での変化は絶対あります。
私の場合kojiさんとは違いつい最近までコーラ、サイダーのタンサン類は苦手でしたが、歳とともに飲めるようになりました。
だからよく「ビールが飲めるのにサイダーがダメ、て変だ」言われました。

投稿: 玉井人ひろた | 2012年7月16日 (月) 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炭酸飲料は青森?:

« 異例 | トップページ | FUKUSHIMA ふくしま 福島、て何? »