« 過剰反応 | トップページ | 高田純次先生のご意見 »

2013年7月30日 (火)

「ヤマザキのランチパック」は、パクリか?

コンビニエンスストアやスーパーマーケットで売られているヤマザキの「ランチパック」というサンドイッチを食べたことがあるでしょうか?

パンのミミを切り落とした柔らかい食パンを袋状にして、具を閉じ込めたサンドイッチで、その食べやすさと手ごろな値段が人気の商品です。
わたしも、これのファンで時々買って食べます。袋状なので、中の具がこぼれにくいため運転しながらも食べやすいのが嬉しいです。

特にこぼれやすい焼きそばパンはこれに限ります。

Photo

先日、近くに有るスーパーセンターの食品売り場に行ったら、そのヤマザキのランチパックともソックリ同じな商品が、別棚に並べてありました。

←フジパンの「スナックサンド」というもので、作っている会社が、違うものでした。

ヤマザキのランチパックより少しお安いので、今回はフジパンの方を買って食べてみました。

これまたおいしい。違いと言えばフジパンの方が少しざらつく感じ、良く言えばパン生地がより食パンらしいという違いだけで、食べやすさから具の量や大きさまでほぼ同じでした(フジパンの方がやや大きめに感じられた)。

人気商品と言うのは‘類似品’が必ず出るものですが、これもそれですかね・・・・と、思ったのです。

ところが、驚きの事実を知ったのです。

  • 山崎製パンのランチパックの販売開始 =昭和59年(1984)
  • フジパンのスナックサンドの販売開始 =昭和50年((1975)

上記は各メーカーのホームページに記載されているのを確認したものですが、なんとフジパンの方が10年近くも早く製造販売がなされていたのです。

そうなると、ヤマザキのは“パクリ”ということになるのでしょうか?

販売力の差と言うのは、えてしてこういうことが起こるようですからパクリにはならないのかもしれませんが、フジパンの名誉のためにも事実は知ったのは良かったと思います。

余談ですが、全国販売はしていませんが類似品に東京のキムラヤ(木村屋總本店)の「ふんわりサンド」、大阪の神戸屋(株式会社神戸屋)の「ラクふわパック」というのがあるそうです。

|

« 過剰反応 | トップページ | 高田純次先生のご意見 »

コメント

へ~なんかありそうな話ですね。
サンドイッチは買う事がありますが、このランチパックもスナックサンドも、まだ食べたことがありません。

投稿: もうぞう | 2013年7月31日 (水) 07:04

もうぞうさんへ

食べやすいし、中身の種類も豊富ですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2013年7月31日 (水) 08:15

ランチパックって、確かに便利ですけれど、常温でカビない腐敗しない…ちょっと危ない雰囲気が漂っていませんか? 私はイーストフードが入ったパンは胃がムカムカして気持ちが悪くなるので、食べられないのです。

投稿: 山桜 | 2013年7月31日 (水) 19:26

山桜さんへ

ヤマザキのランチパックはその雰囲気が強いですが、フジパンのは、気のせいかヤマザキより無い気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2013年7月31日 (水) 19:30

ちょっと話が横に逸れてしまうかもしれないが、放置することはできない無いようなので・・・・

先日、ウチの母親も『ヤマザキのパンが黴びないのは体に悪いのが入っているからだって聞いたぞ』と、かなり言い古された似非科学話を持ち込んできた

素人が考えても根拠が稀薄なその話だと思うので、いい加減な話を余所で広めない様にと釘は刺したのだが・・・・

妄説を論破するには、論理武装しないとと考えて調べてみるとこのようなサイトを発見した
http://www.foocom.net/fs/takou_old/1013/

著者は、鈴鹿医療科学大学教授で、サイト運営者もまじめに食品問題を考えている模様
その論理展開に矛盾はないので信頼出来るのではないかと考える

まあ要約すれば、巨大食品メーカーが危ない橋を渡るくらいなら、生産設備をより高規格(より衛生的)にする方を選択するのが
論理的に見てが妥当だよねぇという事になる

なので、ヤマザキのパンが黴びないのは得体の知れない薬品の影響ではなく
水準の高い生産設備と流通方式を採っているからと考えるべきだと思われる

以上、長くなっちゃったけど

投稿: とら | 2013年8月29日 (木) 16:50

で、本題。

確かにフジパンの製品を目にしたときに『ランチパックの二番煎じか?』との印象を受けた。
だって、それまで目にしたことのない製品だったし、随分とランチパックを食した人間には、自分が食べ慣れたモノの方が元祖という気持ちがある。

しかし、実は元祖は逆だったのか?ちょっとビックリ
でも・・・・・
両方を食べた感想を言えば、フジパンのは確かに安いけど
食感がヤマザキのモノよりも、粗いというかモソモソした感じがした。
実はそれも『やっぱ、二番煎じは駄目だなぁ』と誤解した理由でもあるのだが

パクリか否かは即断できないが、商品としての完成度はやはりヤマザキの方が上だと思われる
こう言ったことの積み重ねが、ガリバーとも言われるヤマザキの強さの秘密なのかもしれない

投稿: とら | 2013年8月29日 (木) 16:58

とらさんへ

どうしても、後発の方が欠点を直し良いものが出やすいです。
仰る通り、フジパンの方が荒っぽいん食感ですよね。それが不味いというわけではないですが、ヤマザキの方が完成度はどうしても後発の分でしょうか良いですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2013年8月29日 (木) 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤマザキのランチパック」は、パクリか?:

« 過剰反応 | トップページ | 高田純次先生のご意見 »