« ‘石破流’の民主主義とは | トップページ | “発電所王国” by ふくしま県 »

2013年12月 3日 (火)

11月 1日

旧暦の日付が記載されているカレンダーを持っている人はきょうの旧日付をみると判ると思いますが、きょうが旧暦で「11月1日」ですね。
つまり、本日から正式の「霜月」です。

寒いのか、寒くないのか、判断しづらい近頃の気温ですが、旧暦の日付でみてみると、それなりの季節だということが判る気がします。

やはり、日本の四季には旧暦の方がしっくりとくる証しのように思えます。

旧暦では、きょうを含めてあと2か月(59日)で、初春です。タイヤを替えましょう・・・か?

| |

« ‘石破流’の民主主義とは | トップページ | “発電所王国” by ふくしま県 »

コメント

最近のカレンダーは、それらの表示が無いものが多くなっています。
良いことなのか悪いことなのか?

投稿: もうぞう | 2013年12月 3日 (火) 19:17

そうですか、昨日はそれで寒気がキツかったのですね?本当に旧暦の暦は優秀な文化ですよね!

投稿: | 2013年12月 3日 (火) 19:54

もうぞうさんへ

無くても不都合は全く無いですがね。わたしは、有るものが好きですね
 
 
空さんへ

今週末にマイナスの予想が出ていますよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2013年12月 3日 (火) 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月 1日:

« ‘石破流’の民主主義とは | トップページ | “発電所王国” by ふくしま県 »