« 『遠藤ヶ滝不動尊』秋の祭礼 | トップページ | 今度はロシア »

2014年9月16日 (火)

大きな揺れだったが震度は「えっ?!」だった

きょう12時30分ごろ茨城県南部を震源とする地震が発生しました。

私の地域は、茨城県が震源だととても揺れることは、震災以降の余震で判っていますので、久しぶりに強めの揺れを感じましたので、わたしは「震度3?。震源は福島県か茨城県だろう」と直感しました。

そしたら、私の村は「震度1」という気象庁の発表がなされ驚いてしまいました。

 ◆平成8年(1996)10月1日改正、室内の震度段階◆

『震度
地震や揺れに敏感もしくは過敏な限られた一部の人が、地震に気付く。
めまいと錯覚する。
(※、屋外では変化無し)

『震度
多くの人が地震であることに気付き、睡眠中の人の一部は目を覚ます。
天井から吊り下げた電灯の吊り紐が左右数cm程度の振幅巾で揺れる。
(※、屋外では変化無し)

『震度
ほとんどの人が揺れを感じる。揺れの時間が長く続くと不安や恐怖を感じる人が出る。
重ねた陶磁器等の食器が音を立てる。
(※屋外⇒
風が無い時も電線が少し揺れる)

地震が起きた時間帯のお昼の12時半ごろで、私は食後の休憩で横になってウトウトとしていましたが、その地震の揺れで目が冴えしまいました。

天井からつられた照明器は少し揺れ、窓の戸などがガシャガシャと音をたてはじめました。

その揺れはけっこう長く、まだ強くなりそうな揺れ方だったので外に出られるように掃出し窓を開けようか、どうしようかと思っていましたが止ったので開けないで終わりました。

その様子を、気象庁発表の震度段階に当てはめれば震度2、もしくは震度3までになると思うのです。

ところが、現在は観測員の主観じゃなく「震度計」の計測から出される“正確な震度”なので、揺れが大きくても、我が村は震度1となるようです。
ちなみに隣接し、震源は我が村より遠い二本松市の震度は「2」となっていました。

以前も書きましたが、我が村に設置してある震度計、疑問です。

説明によると、使用されている震度計は「東西」、「南北」、「上下」の3つの方向への揺れを感知測定し、その数値を有る方程式に合わせて出されるのが気象庁から発表される震度なのだそうです。

いかにも正確そうですが、素人考えでいうと、この3つの方向以外に揺れが有った場合は違った数字になるんじゃないかと思ってしまいます。

もし我が村の震度計を設置するときに、少し方向ずれていたということはないのだろうか?

あまりにも、わたしの主観と差が有るので、そんなことを考えてしまった今日の地震です。

どう考えても、家じゅうが音を立てている揺れが「めまいかと思う」程度の揺れ(震度1)」とは思えませんでした。

|

« 『遠藤ヶ滝不動尊』秋の祭礼 | トップページ | 今度はロシア »

コメント

車のラジオで地震のこと知りました。
地震頻発で心配。
今日のことではありませんが当市の地震計の設置場所のせいかいつも大きめの発表です。

投稿: マコ | 2014年9月16日 (火) 18:01

マコさんへ

何だか、震源が東京に向かっているような、むかっていないような・・・ですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月16日 (火) 18:15

緊急地震速報を見て、注意してましたので、分かりました。
震度はせいぜいで、2程度だったようです。

たしかに発表される震度は、疑念を覚えますね。

投稿: もうぞう | 2014年9月16日 (火) 19:22

もうぞうさんへ

震度計は、まだ改良の余地があるらしいですが、はやく改良してもらいたいです

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月17日 (水) 08:00

隣の松戸市そのまた隣の野田市の川向うの茨城県。震源がそんなに近いのに、震度3.

地盤が跳ね返る方の上でなく、もぐりこむ側の上だから――だって、本当かなあ。

投稿: ましま | 2014年9月18日 (木) 08:45

なんだか地震多いですねえ。富士山の大噴火とか・・・心配です。日本って災害の多い国なんですね。京都だってもう十分に蓄積された破壊力があるそうです。伏見崩れで信長のお城は全壊したそうですから。

投稿: 山口ももり | 2014年9月18日 (木) 08:53

ましまさんへ

地震の揺れの伝達方向は、素人には解らないことが多過ぎですね
 
 
山口ももりさんへ

日本列島は、どこでも大震災があった歴史を持っていますので、そう思って心の準備をしていたほうが良いようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月18日 (木) 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きな揺れだったが震度は「えっ?!」だった:

« 『遠藤ヶ滝不動尊』秋の祭礼 | トップページ | 今度はロシア »