« かかし作戦 vs ネズミ取り | トップページ | 18個 »

2015年2月10日 (火)

カブ

カブは、クキタチ、菘(スズナ)、菘(アオナ)、蕪(カブラナ、カブナ)、また葛孔明が長陣になると兵士にカブラ畑を作らせ大いに食べたというので、‘諸葛’とも呼ばれるそうですが、それを宮中の女房詞(にょうぼうことば>女房とは女官のこと)でオカブといったのが、カブと呼ばれるようになったようです。
そして中華料理では、‘大頭(タトウツァイ)’とも呼んでいるそうです

つまりカブは本来「根菜」ではなく「葉物野菜」だったようです。野沢菜は胚軸がほとんど肥大しないカブです。

ダイコンとカブの違い

『ダイコン』

  1. アブラナ科ダイコン属の二年草
  2. 白い部分はが肥大したもの

『カブ』

  1. アブラナ科アブラナ属の一年草
  2. 白い部分は胚軸(はいじく=)が肥大したも

いずれにしても、どちらの葉っぱも栄養は豊富で、捨てずになるべく食べたいものです。

|

« かかし作戦 vs ネズミ取り | トップページ | 18個 »

コメント

退職した夫が実家の畑でイノシシ除けを作りながら
大根、白菜をたくさん作ってくれました。
今重宝しています。
大根の葉はじゃことかと炒めて食べました。

投稿: マコ | 2015年2月10日 (火) 16:57

マコさんへ

自家製だと沢山葉がでますから、工夫すると食べられますね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月10日 (火) 17:14

ダイコン菜は、ごま油で炒めるととっても美味しいです。
「菜飯」として、ごはんと混ぜ合わせていただきます。

投稿: もうぞう | 2015年2月10日 (火) 18:57

もうぞうさんへ

それもおいしいですね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月10日 (火) 19:16

諸葛孔明は高校時代に「三國志」を読んで以来、憧れの人物です!深く尊敬しています(*^_^*)
カブはいつも、葉を炒めものにしているので、葉の鮮度と両方を見て買い求めています(^_^)v

投稿: | 2015年2月10日 (火) 19:39

空さんへ

両方食べてる人って、それほど多くない気がしますね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月11日 (水) 08:44

小かぶを見つけると買わずにはいられないほど株がすきです。私はホタテとホワイトシチュウー。わが家のごちそうメニューです。甘酢漬けはこちらでは「あちゃら漬け」といいますが・・・こちら・・・こちゃらでは???

投稿: 山口ももり | 2015年2月12日 (木) 08:49

山口ももりさんへ

私の地域では単に「酢漬け」だったと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月12日 (木) 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カブ:

« かかし作戦 vs ネズミ取り | トップページ | 18個 »