« イソップ物語の翻訳に日本人のこころ | トップページ | ダウン »

2015年2月14日 (土)

ほんの気餅(きもち)

福島県南部に位置する石川郡平田村いしかわぐんひらたむら)にある『道の駅ひらた』では昨年から「チョコロッケ」という商品をバレンタインデーの時期に合わせ限定販売しています。

Photo←これはバレンタイン企画として、同村産ブランド産物になっているサツマイモ品種「ひらたシルク」を広めようと企画した商品のようですが、コロッケはハート型で「ひらたシルク」というサツマイモととチョコレートを練り込んだコロッケだそうです。

その名も「チョコロッケ」というんだそうです。

Photo_2今年は、それの中に餅を加えた⇒
ものが販売されているようです。

そのネーミングが「チョコロッケ ほんの気餅」だそうです。
「ほんの気餅」は「義理チョコ」を意識してのネーミングだそうです。

人口は我が村より1000人ほど少ないくらいで、それほど変わらない村ですが、むらの行政はなかなか考えています。

我が村も村長以下とても頑張っていますが、こういった少し遊び心もほしい気がします。

ただ、このコロッケの味、どうしても想像がつきません。わが家からはかなり遠いし、冬のこの時期おいそれとは行けないです。

※、販売価格はどちらも1個100円(税込)、2月13日~3月14日だけの限定販売

|

« イソップ物語の翻訳に日本人のこころ | トップページ | ダウン »

コメント


「ほんの気餅」ネーミングが良いですね。買う方も嬉しくなって来ます。

投稿: 吉田かっちゃん | 2015年2月14日 (土) 15:20

吉田かっちゃんへ

うまく考えたものだと思いますが、そうとう検討がなされたんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月14日 (土) 15:30

個人的な好みを言えば、チョコレート味の餅だけで良いです
あ、私は貰えないのか…(;_;)

投稿: | 2015年2月14日 (土) 16:18

空さんへ

なんとも、味が想像つかないのでどちらがいいのか言えません

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月14日 (土) 17:07

このような商品でも、TVのレポーターは、「美味いですね~」
とか言うのでしょうね。
もっとも本当に美味しいかも知れませんけどね。
食べてみたい気はしますが。

投稿: もうぞう | 2015年2月14日 (土) 19:20

もうぞうさんへ

売れているそうですから、不味くは無いと思います。
ただ、チョコとサツマイモの混ざった味が・・・?

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月14日 (土) 20:59

こんばんわ。
・「写真」を見て。
これは、初めて見ましたね。

投稿: H.K | 2015年2月15日 (日) 21:11

H.Kさんへ

機会が有ったらどうぞ

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月16日 (月) 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんの気餅(きもち):

« イソップ物語の翻訳に日本人のこころ | トップページ | ダウン »