« 昭和の指導者によく似たり | トップページ | 白蒸し(しろぶかし、しらむし) »

2015年4月 2日 (木)

“涙が出ない”タマネギ?!

3月28日の一般社団法人園芸学会 平成27年度春季大会にて、ハウス食品グループ本社中央研究所の研究グループにて‘切った時の催涙成分生成が極端に少ない「新しいタマネギ」の作出に成功した’というのが発表されたそうです。

玉葱は切ると涙が出ることで知られる野菜です。それが出ないというのは家庭で料理をする主婦などには朗報でしょう。

近年、そういうものが増えていますよね。

「種が無いブドウ」はもう珍しくなくなりましたが、その他には「糸が出ない納豆」、「黄身が二つある卵」、「臭わないニンニク」等々、いろいろなものが研究によって作り出されていますが、これらの食物の栄養や安全性はどうなんでしょうかね?

少なくとも、栄養に関してはなんとなく不安なんですが、取り越し苦労なんでしょうか?

|

« 昭和の指導者によく似たり | トップページ | 白蒸し(しろぶかし、しらむし) »

コメント

そうですよね(^_^)v玉ねぎの切り方や調理法で、ある程度のものは防御できると思いますし、逆に玉ねぎの栄養素や特性に変化はないだろうか?と心配になります(∋_∈)

投稿: | 2015年4月 2日 (木) 18:50

空さんへ

そう思うのは、自然ですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月 3日 (金) 18:08

私、最近ではタマネギを切っても涙が出たことがありません。
包丁が良く切れるせいかな?

投稿: もうぞう | 2015年4月 3日 (金) 19:08

もうぞうさんへ

そう言う方もおられるようです

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月 3日 (金) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “涙が出ない”タマネギ?!:

« 昭和の指導者によく似たり | トップページ | 白蒸し(しろぶかし、しらむし) »