« PCのルーターが攻撃される? | トップページ | Windows10‘無償’アップグレード »

2015年6月 3日 (水)

コ ソ ア ド

日本語の指示語は「コ」、「ソ」、「ア」、「ド」の四つの体系からなる「副詞」が主軸になって、それに助詞がついて成り立っているんだそうです。

代表的な例として「れ」、「れ」、「れ」と言った言葉です。なかでも「ド」の系列は、面白い変化となり使われています。

  • 副詞「どう」 + 助詞「も」 ⇒どうも
  • 副詞「どう」 + 助詞「ぞ」 ⇒どうぞ

「どうも・・・・」とか、「どうぞ・・・」はよく使われる曖昧な日本語としても有名ですが、これは「ド系」の指示語になるそうです。あらためて考えても、なんとも不思議な言葉です。

我が家にはこの指示語のうち「ソ系」と「ア系」の使い手である妻がおります。

「ソレは、アレだからアレして」・・・「コレはアレだわ~」

わたしには、さっぱり解らないのでんな風に言われた場合は、決まって妻にコう言います。

「落ち着いて、何を言いたいか話してくれ」

妻だけじゃなく、近所や親戚にも‘使い手’が多いですが、なんとなく女性に多い気がするのは気のせいか?

|

« PCのルーターが攻撃される? | トップページ | Windows10‘無償’アップグレード »

コメント

この国のトップが、何を言ってるのか? 何を伝えたいのか? ことさらわからない言葉使いの迷人ですからね〜。

投稿: ススム | 2015年6月 4日 (木) 10:21

ススムさんへ

何かを隠そうとするから余計に判らなくなります

投稿: 玉井人ひろた | 2015年6月 4日 (木) 14:37

我が家は夫婦ともに使い手ですね、お互いに何言ってるか分からないと喧嘩になる事も。

瞬時に適切な言葉が思い浮かばぬ年齢、これは加齢による影響もあるのでしょう?

投稿: JACKS | 2015年6月 5日 (金) 07:03

夫婦間などでは、「これ、あれ」で以心伝心の
場合などはいいとして、問題は
加齢によって、名詞や動詞が出てきにくくなった場合、
また、ちょっと舌足らずのトップが
質問に答えず、自分の言いたいことだけを
まくしたて、あの、その~、どうも
で、質問者の時間をけずってしまうような
迷人もいますねぇ。

投稿: あね | 2015年6月 5日 (金) 14:07

JACKSさんへ

それは、トラブルを想像してしまいました。それでもうまくやっておられるようですから、なんでもないことと感じました


あねさんへ

名称が出てこないときは私も少なくないのですが、ここで正直に「名が出なくてごめんなさい」と言えれば良いんですが、それが難しい

投稿: 玉井人ひろた | 2015年6月 5日 (金) 16:42

どーもくんなどという曖昧な名前のマスコットキャラがいますが、イマイチどうも?好きになれません。

投稿: もうぞう | 2015年6月 5日 (金) 19:09

もうぞうさんへ

どーも君はよくわかりませんよね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年6月 5日 (金) 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コ ソ ア ド:

« PCのルーターが攻撃される? | トップページ | Windows10‘無償’アップグレード »