« 梅 毒 | トップページ | 「応仁の乱」が起った年に!!! »

2016年12月21日 (水)

一陽来復(いちようらいふく)

きょうは冬至、ということで1年で最も日が短いということになっています。

昔の人は、日が短くなり次の日から日が延びることを‘太陽が生まれ変わる日’ととらえ、古くから世界各地で、この冬至の祝祭が行われてきているようです。

中国、そして日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に太陽が再び力が甦ってくると捉え、『陰が極まり再び陽にかえる日』という意味の『一陽来復(いちようらいふく)」という言い方を使って、冬至を境に運が向いてくると考えられてきたそうです。

自然に根差した、とても面白い考え方だと思います。

一陽来復は賀詞にも使われますが、この意味からすれば、厳密に言えばそれは誤りですよね?

ちなみに、福島県の場合は、最も日(日の出~日の入りまで)が短いのは12月20日、つまり昨日だったようです。

ついでですが、

気象データでは、日の入りは今月の1211日(日)からすでに遅くなり始めていて、日の出が早くなり始めるのは来年の10日(火)からになっています。

|

« 梅 毒 | トップページ | 「応仁の乱」が起った年に!!! »

コメント

そうなんですよね。
なぜ冬至から、または冬至の次の日からが新年にならなかったのか?
不思議です。
また日の入りと日の出の時刻の「差」が出来ている理由は?
新潟ではもう5分ほど、日の入りが遅くなりましたが、日の出は仰せの通り7:00頃まで遅くなります。

投稿: もうぞう | 2016年12月21日 (水) 19:22

朝の日課。ゴミだしや洗たく干し。外が真っ暗でどうも具合が悪い。(*^m^)

投稿: ましま | 2016年12月21日 (水) 21:30

もうぞうさんへ

太陽が新たになる=新しい年の始まり。でのことのようですが、所詮暦は人間がつくったものさしですから、どうとらえるのも人間次第と言うことでしょう


ましまさんへ

こちらも、なるべく他の人と重ならないような時間にゴミ出しすると、薄暗いですね

投稿: 玉井人ひろた | 2016年12月24日 (土) 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一陽来復(いちようらいふく):

« 梅 毒 | トップページ | 「応仁の乱」が起った年に!!! »