« 大相撲 | トップページ | 試算と想定の違い、それが‘闇’ »

2018年1月16日 (火)

会津

福島県内の15日(月)は上空に流れ込んだ寒気により、各地で冷え込みとなったのですが、
 会津地方の豪雪地帯である北塩原村桧原ではマイナス21・7℃を観測しようで、全国で最も低い気温だったようです。

その他の会津地方の南会津町田島でもマイナス18・2℃など県内全32地点のうち19地点で今季最低を記録したようです。

‘寒い=雪が少ない’というのが一般的ですので、今年は積雪が少ないのかもしれませんが、油断できないのが冬将軍の恐ろしいところです。

あと約2か月半は油断禁物です

|

« 大相撲 | トップページ | 試算と想定の違い、それが‘闇’ »

コメント

桧原って、檜原湖の付近でしょうか?
だとしたら、結構標高が高いですよね。
それにしてもマイナス20度以下はすごい!!

投稿: もうぞう | 2018年1月17日 (水) 19:22

もうぞうさんへ

さすがご存知ですね。あそこは寒いんです

投稿: 玉井人ひろた | 2018年1月17日 (水) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津:

« 大相撲 | トップページ | 試算と想定の違い、それが‘闇’ »