« 世間話はあのねのね | トップページ | ついに夏風邪 »

2018年8月17日 (金)

棚機(たなばた)

‘たなばた’の漢字に「棚機」を当てることは今は無く「七夕」を用いるのが常識です。それも時代の流れで、とやかく言う必要は無いと思います。

さてきょうは旧暦の7月7日、つまり本来の七夕の日、この日、昔(明治以前)は盆棚を組み立て飾り始める日であり、つまりお盆の始まりだったようです。

そしてお盆は7月24日の「地蔵盆」まで続き、地域によっては6月の三十日から8月の一日までの約一月にもなる一大イベントだったわけですが、現在は三日くらいで終了です。

世知辛いとも言えますが、合理的とも言えましょう。

だいじなのは、先祖へ供養と感謝ですから、これもとやかく言う筋合いじゃないのでしょうね。

我が家では本日盆棚を片付けました。半袖Tシャツ1枚では寒い気温で作業は気持ちよいものでしたが、仕舞う時の棚の重さ、気のせいか重く感じました。

筋力が落ちているのか、少し風邪気味の影響か?気になった作業でした。

|

« 世間話はあのねのね | トップページ | ついに夏風邪 »

コメント

盆が過ぎましたね。いよいよ台風のシーズンです。

投稿: 吉田かっちゃん | 2018年8月18日 (土) 15:02

吉田かっちゃんへ

そちらは続きますね

投稿: 玉井人ひろた | 2018年8月18日 (土) 15:14

なるほど、本来たなばたは棚機と記するのですか?
なんで七夕になったのでしょうかね~
意味するところは、分かりますが、こちらの方が読めませんね。

投稿: もうぞう | 2018年8月18日 (土) 19:04

もうぞうさんへ

七夕は「しちせき」と読むのが本来ですが、棚機の行事を指すため混用されたようです

投稿: 玉井人ひろた | 2018年8月18日 (土) 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棚機(たなばた):

« 世間話はあのねのね | トップページ | ついに夏風邪 »