« 珍しい出来事 | トップページ | 厚労省のミス発生 »

2020年9月15日 (火)

早くも、菅自民新総裁に疑惑の影、影・?!

未だ首相選前ですが、菅総裁は総理大臣になったかのように閣僚人事の噂まで聞こえてきます。

そして聞こえてきたのは、いろいろな疑惑もです。

数年前、太陽光発電がらみで200億円を集めたとされるG社の疑惑の資金の流れに対し東京地検特捜部が内偵を進めたことがあったそうですが、その会社が委託していた、コンサルタント会社T社周辺にも特捜の捜査が及んだことがあったそうです。

その疑惑のコンサルタント会社T社の幹部の結婚式に、菅氏は主賓として呼ばれていたそうです。

最近では、菅氏の一番弟子の河井前法相に流れた巨額の選挙費用は、誰か大物政治家が口利きや指示をしない限り出るわけが有りません。

安倍総理の、森友、加計学園や桜を見る会疑惑も、菅氏の関与は無かったのか?

今までの疑惑を握りつぶしのために派閥が談合して、菅氏を総裁にしたのではないか?なんて思いが沸々と沸き上がる新総裁です。

長期政権になるのかは不明ですが、新立民誕生を画策するなど久々にあの男が表舞台に出始めました。

その人は「菅政権は1年で終わる(終わらせる)」と言っているそうです。

その人は、やはり東北出身の国会議員、小沢一郎氏、壊し屋が動き出しました。

政界に激震が起こるでしょうか?

|

« 珍しい出来事 | トップページ | 厚労省のミス発生 »

コメント

興味を持って拝見させていただきました。

投稿: 吉田勝也 | 2020年9月15日 (火) 16:21

起こってほしい (^_-)-☆

投稿: へこきあねさ | 2020年9月15日 (火) 16:23

吉田勝也さんへ

コメントありがとうございます


へこきあねさんへ

激震で悪くなるのは、困りものですけどね

投稿: 玉井人ひろた | 2020年9月15日 (火) 16:50

選挙制度と検察制度の見直し、国会議員の仕事の監視
小選挙区と比例制 検察の不起訴の理由の説明なし
議員の定数、報酬額、活動報告の義務化 海外視察の詳細報告

しかし、すべて国会での議論が必要だ。
自分が自分の首を絞めるわけがない。

国民の無関心とだらしなさ。
ノー天気だな~


ゴーツで遊んでいる場合ではない

投稿: 風流人 | 2020年9月15日 (火) 18:09

風流人さんへ

同感です。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年9月15日 (火) 19:21

小沢一郎の快刀乱麻、今でも顕在とは思えない。あるとすれば信仰ですね。

投稿: ましま | 2020年9月15日 (火) 20:06

ましまさんへ

実はもう一人、選挙に強い人が動き出しているようですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2020年9月16日 (水) 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珍しい出来事 | トップページ | 厚労省のミス発生 »