« 水中ドローン | トップページ | ドラえもんの手は・・・ »

2020年9月24日 (木)

あふの環20230プロジェクト・・?

今日我が家に届いた農業新聞に「あふの環2030プロジェクト」というものの記事が掲載されていましたが、なんだかよく解らないので農水省のサイトを見たら、専用のサイトが開設してあり説明書きが掲載されていました。

あふの環(わ)2030プロジェクト食と農林水産業の‘サステナビリティ’を考える~」は、2030年までの‘SDGs’達成を目指し、今だけでなく次の世代も豊かに暮らせる未来を創るべく立ち上げられたプロジェクトです。

これを何度か読み返しましたが、正直言って、何が何だか?この説明では凡人の私には「解りません」でした。

まず、「サステナビリティ」が解りません。そして「SDGs」も解りません。これでは、理解は無理ですね。

  • サステナビリティ(Sustainability)とは>
    広く環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方のこと。
  • SDGs(エスディージーズ)とは>
    「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択され国連加盟193か国が2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げた目標(17項目)のこと。

SDGs17項目>

  1. 貧困を無くす
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
    1~6=社会目標
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
    7~12=経済目標
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
    13~15=環境目標
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう
    16~17=各目標の横断的な枠組

つまり、全世界の人々が最低限の暮らしを守ることを守ろうということでしょうか?

そこで、農水省が行うプロジェクトは地産地消の推進と自給率のアップということと判断しました。

横文字多すぎ、役所はもっと解り易い‘日本語’で説明することを、強く望みます。

 

ところで、「あふの環・・・」の「あふ」の意味は↓です。

あふ」とは、Agriculture, Forestry and Fisheries の頭文字をとったもの。農林水産業。

古語では、会ふ(出会う)、和ふ(混ぜ合わせる)、餐ふ(食事のもてなしをする)と、いった意味があります。

上記のような、複数の意味が合わさった言葉のようです。

|

« 水中ドローン | トップページ | ドラえもんの手は・・・ »

コメント

興味を持って読ませていただきました。

投稿: 吉田勝也 | 2020年9月24日 (木) 11:01

色んな団体が政府に食い込んで美味しい汁に預かろうと。

このホームページの作成料はいくらか。

どこの会社に依頼したか。

安倍のマスク以来怪しい中間業者の暗躍が横行している。
本当に能力と実績がある会社に仕事をしてもらいたい。

下請け、派遣は使わないこと。

投稿: 風流人 | 2020年9月24日 (木) 13:55

>吉田勝也さんへ

ありがとうございます


>風流人さんへ

いや~、そこまで考えが行きませんでした。言われればそうですね

投稿: 玉井人ひろた | 2020年9月24日 (木) 14:03

横文字も分かりませんが、あふの環の「あふ」とは?

投稿: もうぞう | 2020年9月24日 (木) 19:06

>もうぞうさんへ

それが一番わかりませんよね。
農水省のサイトをよく見たら、小さな文字での説明を見つけましたので追記しておきました

投稿: 玉井人ひろた | 2020年9月24日 (木) 19:31

私も「あふ」とはなんぞ? と聞こうと
思っていましたが、わかりました。
SDGs という言葉はよく聞きますが、
確かに 持続可能な進展目標 とでもすれば
わかるのに、SDGsと略語を使っています。
国連も使っているから そのまま取り入れた
ということでしょうが、 日本語で
いいのに。

ところで、玉井人さんのブログのお花の名前を
しりたいのですが、どうしたら花の名前が
出てくるのでしたっけ?

投稿: へこきあねさ | 2020年9月24日 (木) 20:27

>へこきあねさんへ

「あふ」の説明があんな小さな文字で、それも隅っこに記載していたとは閲覧者のことを考えていない気がします。

わたしのフォトは、そのフォト画面をクリックするだけですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2020年9月24日 (木) 20:38

玉井人さん
すみません、それがどうしても出てこないのです。
以前にやった時は出てきたのに。
8・9月の花の中で、
朝顔やアルスメリアの下の巨大なスズランのような
花がありますね。
その名前をぜひ知りたいのです。
教えてください (^O^)/

投稿: へこきあねさ | 2020年9月25日 (金) 20:03

>へこきあねさんへ

「アツバキミガヨラン」(ユッカラン)のことでしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2020年9月25日 (金) 20:18

玉井人さん
ありがとうございます。リュウゼツラン科の
ユッカランですね。思い出しました。
実は因縁のある植物なのに、忘却のかなたに
飛んでいました。
ありがとうございました。

投稿: へこきあねさ | 2020年9月26日 (土) 09:04

>へこきあねさんへ

やはりそれでしたか。

投稿: 玉井人ひろた | 2020年9月26日 (土) 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水中ドローン | トップページ | ドラえもんの手は・・・ »