« 100人が目前 | トップページ | モズという名の漢字から考察 »

2021年3月16日 (火)

ゼンマイ式振り子時計と季節

我が家の茶の間には、ゼンマイ式の古い柱時計がチックタックと時を刻んでいます。

亡くなった祖父がゼンマイを巻いていた前の古い柱時計に替わって、改築するときに父が買ってきたものでもう少しで半世紀になる代物になります。

ですから、今では買った時計屋も無くなり、その後に分解掃除を依頼していた時計屋も廃業となり、買った父も亡くなりました。

それでも、時計はなんでもなく今でも動いています。

ただ、ビィーンビィーンという時刻を知らせるあの独特の響く音は、テレビを視ていると邪魔なので音のほうのゼンマイは巻かずに鳴らないようにしています。

振り子時計は、文字通り振り子が左右に振れることで動き時を刻みます。

この振り子の重りの下部には小さなスクリューがあり、時計回りに回すと早くなり、逆に回すと遅くなります。

振り子時計は、気温が上がると遅れ気味になり、寒くなると進み気味になるのをこのスクリューで微妙に調整するのです。

先日、少し遅れ気味になってきたのを感じたので、スクリューを時計回りに1回転近く回し遅れないように調整しました。

ちなみに調整は、長年の勘です

この調整をするとき、それは季節の変わり目を感じる時でもあります。

| |

« 100人が目前 | トップページ | モズという名の漢字から考察 »

コメント

古物商に見せたら言い値が付くでしょうね。今は柱時計、壁掛けすべて100円ショップで売っています。最近通販で液晶の大きな文字で月日時分、曜日、室温、湿度などすべてを一枚の板でデジタル表示するものを買いました。

投稿: ましま | 2021年3月16日 (火) 10:35

「チックタック、チックタック」って物ですよね。小さい頃親戚の家で見たような気がします。振り子時計で季節を感じるとはとてもロマンチックを感じますね。今時珍しい光景を思い浮かべます。家宝です、大事にされて下さい。(どっかで聞いたようなセリフですね。)

投稿: 吉田勝也 | 2021年3月16日 (火) 11:08

子供の頃、父が週末にゼンマイを巻いていた記憶があります。
椅子に乗らないと手が届かないので、見てるだけでした。

中学になって何回か回していたが、じきに乾電池式に変わってしまった。
もっとも腹時計が一番だった様です。

投稿: 風流人 | 2021年3月16日 (火) 13:26

>ましまさんへ

私もそういうのが、正確だし良いと思います。
この古時計も、日付と曜日は出ますが、あまり価値が無いと思います。この前のは高かった気がします。


>吉田勝也さんへ

このネジを巻く音、これもいいんですよ。
ただ、結構疲れます。


>風流人さんへ

我が家のは、約一か月以上は持つと思います。
祖父が亡くなったとき、父はこれを巻きたかったようですが、わたしがそれをやらせず今でも巻いています


投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月16日 (火) 14:49

そうでしたね。なつかしいな~
思い出します。
貴重な時計ですよ。大切に使いましょう。

投稿: もうぞう | 2021年3月16日 (火) 18:59

>もうぞうさんへ

一度分解掃除をすると良いのですが、費用が高額なんですよ。

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月16日 (火) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100人が目前 | トップページ | モズという名の漢字から考察 »