« ゴミの量で解る世の動き? | トップページ | 令和3年(2021)の祝日移動 »

2021年3月30日 (火)

黄砂でかすむ村・消えた安達太良

今朝、前の畑を歩きながら眼下に広がる村と安達太良を見て驚きました。

「村が、霞んでっつぉ。!だげやま(岳山・嶽山) 見えね・・」

(※「岳山(嶽山)」だけやま=安達太良山)

ほんの少し土色がかった色で村は霞んで、安達太良山は消えていたのです。

Img_3807

ここに本来は雪景色の安達太良山があるのですが、ほとんど見えません。Photo_20210330163601

本来は、右のフォトのような安達太良山が見える角度です。

気が付けば、のどや目がなんともイライラする状態になっていました。

普段は、家の周りではマスクはしないのですが、きょうだけはマスクをしていました。

午前中だけで、マスクの裏が黄ばみましたのでどれほどの量の黄砂が来ていたのか?

体調を悪くされた方が相当数いたのではないかと、健康な人でも影響が出るはずだと、夕方になっても霞む景色を見ながら思いました。

| |

« ゴミの量で解る世の動き? | トップページ | 令和3年(2021)の祝日移動 »

コメント

それはまた大変ですね、そちらは太平洋側に近いので、黄砂はないと思っていましたが、恐るべし黄砂 になりましたね。
我が家の方はほぼ観測されていません。
大体、中国は始皇帝の時代くらいから都を建設するためにバンバン樹木を伐採するから 砂漠の砂が飛びやすくなった。それを気象条件のせいにして温暖化防止策も消極的。
頭に来ます。

投稿: へこきあねさ | 2021年3月30日 (火) 17:10

>へこきあねさんへ

気象予報士が言っていましたが、発表される黄砂の分布図は上空のことで、我々が住む下界での分布ではなので実際とは違うだそうですよ。

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月30日 (火) 18:02

ほう
黄砂ってどれくらいの高度を飛んでくるのでしょうね?

尖閣を奪われても、黄砂で新島が出来る?なんちゃって。

投稿: もうぞう | 2021年3月30日 (火) 19:03

当方にも襲来しているはずですが、「安達太良の空」とは比較にならない環境です。朝から「一日中変な曇りだなあ」といって洗濯は外に干さない程度の被害でした。

投稿: ましま | 2021年3月30日 (火) 19:59

>もうぞうさんへ

約5000m以上のようですよ。
低かったら、島もできそうですが、その前に朝鮮半島に砂漠が出来そうです


>ましまさんへ

物干し竿をなでると、黄色いのが指につきました
当然、洗濯物は中でした

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月30日 (火) 21:26

黄砂の飛来が酷いのですね、こちらは若干ややかすんでいるかな?程度でした。

少し緯度が違うだけで飛来の量に大差がでますね、目や喉に気をつけて下さい。

投稿: JACKS | 2021年3月31日 (水) 06:51

>JACKSさんへ

ありがとうございます。今日もひどいようで、注意したいと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月31日 (水) 10:38

黄砂が日本全国を覆ってますね。鹿児島では火山灰も降っていて両方車に積もって洗車場が大繁盛です。

投稿: 吉田勝也 | 2021年3月31日 (水) 17:16

>吉田勝也さんへ

桜島ですよね。経験が無いので、想像すらできませんが大変なのでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月31日 (水) 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴミの量で解る世の動き? | トップページ | 令和3年(2021)の祝日移動 »