« ゼンマイ式振り子時計と季節 | トップページ | 危うく、あれが口に入るところ »

2021年3月17日 (水)

モズという名の漢字から考察

いつもこのブログにコメントをいただく、吉田勝也さんのブログ「吉田勝也の写真プログ」の今回の記事(№809)はモズの写真がアップされました。

モズという鳥は面白い習性がありますが、その名前「モズ」を表す漢字が複数ある珍しい鳥でもあります。

  1. 百舌鳥(※百の鳥の声を真似て鳴く鳥だから、但しそれはオスだけ。)
  2. 百舌
  3. 毛受 (日本書紀)
  4. 万代 (日本書紀)
  5. 鵙(※犬のようにキョロキョロする鳥だから)

↑は、全部「モズ」を指した漢字で「モズ」という読みの漢字になります。

大阪府堺市北区に存在する仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)に隣接するところには、「百舌鳥古市古墳群」というのがあり近くには「百舌鳥(もず)」という地名の地域が存在するように、今は「百舌鳥」と‘3文字漢字’が一般的になっている気がします。

漢字が「3文字」なのに、読みのほう一つ少なくなって「2文字」になるって、どう考えても変ですよね。

これは「百舌」という漢字だけでは何を指しているのか分り難いので、「鳥」をあとから足して書くことが常態化して今に至ったようなのです。

漢字には似たように、「読みが一つ不足」というのが沢山在るんです。

探しましたら、集めているサイトがありましたのでコピペしてみました。

  1. 竹筴魚(あじ)
  2. 銀口魚、細鱗魚(あゆ)
  3. 東海美人(いがい)
  4. 縮緬雑魚(いさざ)
  5. 撥尾魚(いな)
  6. 土当帰(うど)
  7. 棘甲贏(うに)
  8. 傾城魚、海鷄魚(えい)
  9. 狗母魚(えそ)
  10. 未滑海藻(かじめ)
  11. 石陰子(かせ)
  12. 烏帽子魚(かつお)
  13. 秋蕊花(きく)
  14. 鼠頭魚、気数子、幾須子(きす)
  15. 木五倍子(きぶし)
  16. 海州常山(くさぎ)
  17. 小八梢魚(くじら)
  18. 胡頽子(ぐみ)
  19. 六六魚(こい)
  20. 牛尾魚(こち)
  21. 石伏魚(ごり)
  22. 季花魚(さけ)
  23. 青花魚(さば)
  24. 杜松子酒(ジン)
  25. 石花(せ)
  26. 棹尾魚(たい)
  27. 吻長魚(だつ)
  28. 大巨魚、大口魚(たら)
  29. 桃花鳥(とき)
  30. 木本黄精葉鉤吻(どくうつぎ)
  31. 二文字(にら)
  32. 沼田和(ぬた)
  33. 金芙蓉(はす)
  34. 石斑魚(はた)
  35. 飯匙倩(はぶ)
  36. 曹白魚(ひら)
  37. 金翅雀(ひわ)
  38. 吹吐魚、西施乳(ふぐ)
  39. 老海鼠(ほや)
  40. 海松布(みる)
  41. 香具師(やし)
  42. 八角金盤(やつで)
  43. 豆腐皮(ゆば)
  44. 再従兄弟(はとこ)
  45. 七五三(しめ)
  46. 山毛欅(ぶな)
  47. 五十部(よべ)
  48. 牛尾草(そで)

まだまだあるようですが、圧倒的に魚貝類に多いのは海洋に囲まれた国家だからでしょうか?

思うのは、漢字を見るとその名の物の様子が判るのが多く、「名前+詳細説明」になっていて面白いです。

アルファベットでは、不可能な芸当ですね

 

| |

« ゼンマイ式振り子時計と季節 | トップページ | 危うく、あれが口に入るところ »

コメント

英語もサイレント文字はいくらでもあります。この理由は、英語は表音文字なのに 発音しない文字がどうしてくっつくのかしりません。
(comb, bomb, climb, guessなど、など)それなりの理由があるような気がしますが。
日本語も表意文字かな、と思っていたけど実際は表音文字として発達してきている。 やっぱ漢文由来ですかねぇ。

投稿: へこきあねさ | 2021年3月17日 (水) 17:28

>へこきあねさんへ

サイレント文字とは、漢字言葉は根本的に違う気がします。
漢字の場合は、当て字が多い気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月17日 (水) 17:36

我が家の十姉妹は、オスがピーチク鳴いてアッピールしています。
が、産卵しても孵化しない( ; ; )。

投稿: 風流人 | 2021年3月17日 (水) 17:53

>風流人さんへ

百舌鳥と同じですね。
やはり、激しく鳴くのはオスのようですね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月17日 (水) 19:49

こんにちは、玉井人ひろたさん。
モズ、沢山漢字があるのですね。
読みが不足する漢字、ありますね。
時々、あれ?と思っています。
面白いと言えば面白いですが、難しさでも
ありますね。
教えて頂いてありがとうございました。

投稿: 浜辺の月 | 2021年3月18日 (木) 14:57

>浜辺の月さんへ

ほとんどが当て字の感があり、読みにくいですね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月18日 (木) 16:59

凄いですね。モズ一つ調べるのに話題の多いこと・・・。
有り難うございます。又一つ知識が増えました。

投稿: 吉田勝也 | 2021年3月19日 (金) 12:07

>吉田勝也さんへ

どうしてもいろいろ調べたくなる性格です

投稿: 玉井人ひろた | 2021年3月19日 (金) 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼンマイ式振り子時計と季節 | トップページ | 危うく、あれが口に入るところ »