« 「国民投票法」の改正 | トップページ | アマゾンを語る詐欺メール »

2021年5月 4日 (火)

イメージと合わない行動は悪

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた大金持ちの野崎幸助氏が2018年に死亡した事件で、今年の4月に殺人容疑で野崎氏の元妻の須藤早貴容疑者(2が逮捕された報道を視ていて思いました。

「週刊文春」やテレビでは、、「元妻が葬式であくびをしていた」とか「火葬を待つ間に笑っていた」という動画を元に、「元々この妻には愛情が無かった」とする報道を各局が報道していましたが・・

確かにその通りなのかもしれませんが、葬式の休憩の時や火葬を待つ間、あくびしたり笑ったりしない人が絶対に居ないでしょうか?

答えは、「否」です。

人が亡くなると、喪主や遺族はいろいろなことにほんろうされます。

ですから、ちょっとした時間の合間、特に火葬の時は少し心に踏ん切りがつき、どっと疲れや眠気が襲ったり、悲しいがゆえにちょっとしたことに笑いが出るものです。

父を亡くしたときの私がそうでしたし、それが人というものでしょう。

震災の時もそうでした。
「被災者は悲しい顔をしているもの」というイメージがマスコミによって作られ、笑顔でいようものなら非難の声まで起こってしまいました。

マスメディアや一部の評論家によって誤った先入観を持った「イメージ違うのは間違い。悪」という世論は、本当に恐ろしいです。

| |

« 「国民投票法」の改正 | トップページ | アマゾンを語る詐欺メール »

コメント

イメージは作られる。
特に、美人、金持ち、老人、愛犬の不審な死。

スキャンダル大好きな大衆には、怖いということともに興味があるだろう。
自然死と事故死の違いは、はるかに違う。しかも事故死でなければ。

投稿: 風流人 | 2021年5月 4日 (火) 20:43

>風流人さんへ

事実であるかのような推論を語って商売にしている人が、あまりにも多くなった世の中も問題かもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2021年5月 4日 (火) 20:56

ひろたさん!
ありがとう!
そう言って貰えてホッとしました。
母が亡くなった時 何週間も妹の家に居候しながら
病院へ通う日々の疲れとストレスで
母の安らかな顔に
「お疲れ様」と心の中で語りかけるのが精一杯
涙さえ忘れていて……!
親族から未だには冷たい娘と思われたままです。

投稿: Pee | 2021年5月 5日 (水) 06:24

>Peeさんへ

それは辛いですね。
仰るよーなイメージを抱いた方たちは、経験が浅いのです。
そう思うしかないでしょう。
ある人が言っていました。
「人は悲しさや悔しさをこらえることができる。でも、嬉しくてしょうがないことは抑えることはできない」

投稿: 玉井人ひろた | 2021年5月 5日 (水) 07:59

分かる解る。
インタビューなどで、イメージした内容と違うとカットされますからね。

投稿: もうぞう | 2021年5月 6日 (木) 18:53

>もうぞうさんへ

イメージ操作は、安倍政権が十八番でしたが、マスコミの手法を手本にしたのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2021年5月 6日 (木) 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「国民投票法」の改正 | トップページ | アマゾンを語る詐欺メール »