« 庭木の剪定の最盛期 | トップページ | ホトトギスの、あの鳴きが声響く »

2021年6月 4日 (金)

日本と日本人のお金の話

未だに認めていませんが、アベノミクスという経済対策の失敗も重なり、現在の日本が抱える借金は・・

  1. 国債の発行残高は約900兆円
  2. 地方債の発行残高は約200兆円

国と地方を合わせた、その借金の総額は約1100兆という想像もつかない金額になっているようです。

この数値とは対照的なお金の調査結果も、日銀や民間企業から発表されていますが、これも驚いてしまいます。

発表されているものを羅列してみます

  • 日本の家計が持つ金融資産全体の残高総額=1883兆
  • 日本の家計の現預金=1031兆
  • 日本人の民間企業の金融資産残高=1185兆
  • 日本人の現預金=308兆
  • 日本人が銀行等に預けている預金残高=1056兆
  • 日本人のタンス預金=101兆円(日銀調)
  • 株式や保険なども含めた家計部門の金融資産残高=1948兆

いろいろな角度から出ているこの数字を見ると、日本人は莫大な貯金を持っているかのように見えますが、

ところがこれらのほとんどが、日本国民の10%足らずの富裕層(大金持ち)が保有するお金だそうで、
日本国内でも経済格差が大きくなっていることがよくわかります。

つまり、この数字を基にすると日本国民全員の一年間の稼ぎは約500~550兆円なるようで、そこから計算すると1100兆円と言う国の借金も最短では2年で返せてしまうらしいのです。

金持ちには、お金が集まるというのはある意味で経済の常識なのでしょうが、わたしのところにも流れが来ないものでしょうか。

しかし、有るところには、有るもんなんですね

| |

« 庭木の剪定の最盛期 | トップページ | ホトトギスの、あの鳴きが声響く »

コメント

どうも分かりませんね。
おかねが足りないなら、印刷すれば良いのさ。
って言う人が結構います。
まるで小学生の会話のように思われますが、大丈夫なんでしょうか?

投稿: もうぞう | 2021年6月 5日 (土) 20:07

>もうぞうさんへ

印刷を増やすと、貨幣価値が暴落しインフレになって国家経済が破綻しますよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2021年6月 5日 (土) 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭木の剪定の最盛期 | トップページ | ホトトギスの、あの鳴きが声響く »