« 突然PCがブルー画面・勝手に再起動 | トップページ | 日本は、サイバー攻撃に弱い?強い? »

2021年6月28日 (月)

ブランデーとウイスキーの違いって?

晩酌は毎日するわたしですが、飲むのは焼酎がほぼ90%、そして頂き物がある場合に限って日本酒とビールになります。

そして、全く飲まないと言ってい良いのが、ウイスキー、ブランデー、ワインなどの洋酒です。

ですから、ワインの良しあしどころか、ブランデーとウイスキーの違いさえよく解りませんので改めてその違いを見てみました。

ウイスキーとブランデーの定義こうなっているようです。

ウイスキーとは>

  • 大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素で糖化し、これを発酵させた「蒸留酒」のこと。
  • 簡単に言えば、ビールを蒸留して作った「蒸留酒」。

ブランデーとは>

  • 果実酒を蒸留してつくった「蒸留酒」の総称。
  • リンゴから作ったアップルブランデーやサクランボから作ったチェリーブ
     ランデーも存在する
  • 簡単に言えば、ワインを蒸留してつくった「蒸留酒」。

つまり、どちらも同じ蒸留酒なのですが、違いは原料だけだということのようです。

わたしは、ウイスキーもブランデーもに香りは好きで飲めないことは無いですが、その味に馴染むのにどうしても時間がかかるんです。

ワインんも似たような感じです。

ですから、わざわざそれらを買ってまでは飲みませんし、これからも変わらないでしょう。(たぶん)

洋酒好きの人には、ごめんなさいです(笑)

 

①蒸留酒>
 発酵したのを煮詰めて蒸留したアルコール(度数が高い)

焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォツカ、ジン、
ラム酒、テキーラ、
白酒(パイチュウ)

※世界三大蒸留酒=ウイスキー、ブランデー、白酒

②醸造酒>
 発酵させたままのアルコール(度数が低い)

日本酒、紹興酒(黄酒)、ビール、ワイン、馬乳酒(モンゴル)

③混成酒>
 アルコール飲料(主にブランデー)に砂糖やシロップ、
 果物、薬草などを混ぜ合わせたアルコール

ベルモット、アブサン、リキュール

| |

« 突然PCがブルー画面・勝手に再起動 | トップページ | 日本は、サイバー攻撃に弱い?強い? »

コメント

洋酒は若い頃飲んだ記憶があります。酒の趣味も歳とともに変わるのですかね。

投稿: 吉田勝也 | 2021年6月28日 (月) 17:00

>吉田勝也さんへ

間違いなく、変わると思います

投稿: 玉井人ひろた | 2021年6月28日 (月) 17:25

若い頃、ブランディーやウイスキーに憧れましてね。
結局は下戸だったのでしたが・・・

投稿: もうぞう | 2021年6月30日 (水) 07:15

>もうぞうさんへ

私もあこがれまして、初めて飲んだのが45度のウイスキーをストレート、のどを熱湯が通るような思いでした

投稿: 玉井人ひろた | 2021年6月30日 (水) 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然PCがブルー画面・勝手に再起動 | トップページ | 日本は、サイバー攻撃に弱い?強い? »