« 痛い出費 by BS放送 | トップページ | 日本と日本人のお金の話 »

2021年6月 3日 (木)

庭木の剪定の最盛期

6月は衣替えの衣替えのころであるように、ほとんどの庭木も剪定時期でもあります。

この剪定が庭木によって微妙に違いますが、目安は開花後におこなうというのが基本でしょう。

私も2~3日前から、例年通り剪定を始めましたImg_3849

ドウダンツツジの生垣、イヌツゲ、ツツジの一部、そして3Mほどになったレッドロビン生垣と少しずつ片付けています。(フォトは「テマリカンボク」)

今日は、我が家で最大量になるマサキの生垣の剪定を完了させました。

剪定には、高枝ばさみ、ガーデンバリカンなど数種類の道具が使われ、それなりに完了するのですが厄介なのは切った枝葉の処理で、これに体力と気力が奪われます。

そして、毎年剪定に際し蜂や毒毛虫に刺されることが常ですが、今年は今のところ被害が無いことだけは良かったと思っています。

まだまだ続きますが、明日は雨の予報なので少し体を休めようと思います。

ただ、雨が降ると今度は畑の雑草が伸びてきますので、こんどはそれを刈る羽目になることでしょう

| |

« 痛い出費 by BS放送 | トップページ | 日本と日本人のお金の話 »

コメント

いよいよ戦闘開始されたんですね。
“玉井人ひろたさん”のところは植物が多いので大変ですね。
わたしもベニカナメの生け垣があります。わが家ではこれが一番やっかいです。剪定後の枝葉や花柄などはすべてゴミ袋に入れて出すのですが、これが半端な量ではありません。
きょうはわたしも雨降り休憩です。明日から頑張りましょうね。

投稿: koji | 2021年6月 4日 (金) 09:59

庭木の剪定大変だけど「庭仕事の楽しみ」でもありますよね。

投稿: 吉田勝也 | 2021年6月 4日 (金) 12:51

 こちらでは今年、椿にチャドクガが大発生していて、公園でも椿が多いエリアに「チャドクガ発生中」張り紙が出ていました。

 飛び散った毛でもかぶれるので、うっかり殺虫剤のスプレーも撒けず、そっと枝ごとビニール袋に捕獲しています。

投稿: 山桜 | 2021年6月 4日 (金) 14:18

>kojiさんへ

それが、明日はお呼ばれ事があって何もできません。
いずれにしても、少し乾いてからにします。


>吉田勝也さんへ

出来上がったときはいい気分ですが、時間差で次から次へとあって大変なほうが多いです


>山桜さんへ

あれは触ると大変です。何度かやられていますが、長袖ぐらいでは防げないので厄介です

投稿: 玉井人ひろた | 2021年6月 4日 (金) 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 痛い出費 by BS放送 | トップページ | 日本と日本人のお金の話 »