« レジ袋利用数と福島県移住数 | トップページ | 出せないのも、つらい »

2021年7月 1日 (木)

福島県議の政務活動費、共産党もか?

今日の朝刊は、全国の知事や国会議員と地方議員の所得の記事が大きく紙面を飾っていました。

貧乏人には夢のような1000万円単位の数字がならび、見ているうちにその数字に麻痺してくる気さえしてしまいした。

あらためて言えることは、自民党と言うのは収入も支出もほんとうにすごいことですね。金集めがうまいんですね

政党別所得比という表を見ても1位は自民党、そして2位=嵐の党、3位=立憲民主党と続いていて、「あれ!嵐の党って何?」と思いました。

そしたら、あの「NHKを・・・」の党が、また名を変えただけでした。
どうも、理解できない党と代表ですがしっかりと収入(税金)を得ているんですね。

さて2020年度、福島県議会の各会派に交付された政務活動費は「2億689万5363円」、その中から余ったとして返還された金額は「70万4637円」だけで、99.7%が使われたようです。

福島県の各会派の使用割合

  • 自民党   =100%、
  • 県民連合=99.9%、
  • 共産党   =99.6%
  • 公明党   =95.7%

私は、ある淡い期待をもって朝刊を読んでいたのです。

それは、
政党助成金の受け取りを唯一拒否し続けている共産党だけは、政務活動費も使用率は50%ぐらいなんだろうというものでした。

しかし、その期待はあっさり裏切られほぼ全額使用、余った金額も7万円ほどで公明党の62万円よりも一桁ほども少ない金額でした。

さらにがっかりさせられたのは、各会派県議の政務活動費の個別の使用詳細の公表です。

なんと、共産党だけは「議員への配布が無い」として、議員の個別詳細は一切公表されないというものでした。

あれだけ、「透明性を確保」を声高に政府与党に対し訴えているのに、自らのは行わないというのでは・・

「やっぱり、共産党もただの(既成)政党だったのか」と思わされてしまった発表でした。

| |

« レジ袋利用数と福島県移住数 | トップページ | 出せないのも、つらい »

コメント

ひろたさん!
( ・᷄ὢ・᷅ )う〜ん!
政治とは違うけど、ウチの夫の会社も交際費とかの予算使わないと
他の営業所からクレームが来たよ。
札幌だけ使わないと 自分たちが使いにくいんだってさ
基本残さず使い切る事だって┐(´д`)┌

投稿: Pee | 2021年7月 1日 (木) 11:07

>Peeさんへ

そういう考え方こそが、是正しないといけないですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年7月 1日 (木) 11:12

一般の人からは政党助成金の地方議会版だと見られないよう共産党議員への交付をしないのではないですか

投稿: 真島節朗 | 2021年7月 1日 (木) 11:46

>真島節朗さんへ

共産党にも、ちゃんと交付されていますよ。

投稿: 玉井人ひろた | 2021年7月 1日 (木) 11:54

玉井人ひろたさま
議員さんにとっては使わねば損 損。
特に県議クラスは党を問わずどんな政務活動を
しているのか?
議員歳費も定数も見直しして欲しい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2021年7月 2日 (金) 12:36

>輝ジィ~ジさんへ

県議というのは、何をしているのか一番わかりませんね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年7月 2日 (金) 15:12

ちょっと難しくてわかりにくいですが、
共産党は政党助成金は受け取りを拒否していますよね。
しかし政務活動費はしっかりと貰っている。
でよろしいのでしょうか?

投稿: もうぞう | 2021年7月 2日 (金) 18:47

>もうぞうさんへ

その通りです。

投稿: 玉井人ひろた | 2021年7月 2日 (金) 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レジ袋利用数と福島県移住数 | トップページ | 出せないのも、つらい »