« インフルエンザワクチン副反応・の報道 | トップページ | 教員免許更新制度と、また安倍政権 »

2021年7月10日 (土)

海外ワクチン VS 国産治療薬

完全にワクチン開発に負けてしまった日本の製薬メーカーですが、大逆転をかけて急ピッチでコビッド-19の治療薬開発が行われているようです。

これは、政府が国内製薬メーカーに対しコビッド-19治療薬の臨床試験(国内治験)を支援するために2020年度補正予算として70億円を計上していることも後押しをしているようです。
ただ、70億円の予算って妥当なのでしょうか?ちょっと、そこは気になります。

ともかく、日本は官民協力して海外ワクチンに頼らないようにすることを目指しているということでしょう。

厚生労働省が現在、コビッド-19治療薬として承認しているのは3品目だけだそうですが、続々と新しい妙薬が出来つつあるようです。

  1. 「中外製薬」が「抗体カクテル療法」を6月末に承認申請
    これは米リジェネロンが開発し、米国では緊急使用許可を得ていて、海外では入院や死亡のリスクを70%減らす効果が確認されている。
  2. 「中外製薬」が「アクテムラ」を年内にも承認申請予定
    これは自社開発した、関節リウマチ治療薬でそれをコビッド-19向けに転用できるようにする。
  3. 「塩野義製薬」は、ウイルス量を減らせる飲み薬を開発中
    同社では、「服用開始から数日以内にウイルスが消失する薬にしたい」としている。
  4. 「ヒューマンライフコード」(日本トリム関連会社)は
    へその緒に含まれる幹細胞を使って、コビッド-19感染の重症者に多い「急性呼吸窮迫症候群(ARDS)」の治療に使うことを想定。

治療薬の種類が増えれば、重症者が減ることになり、それによって病床の逼迫(ひっぱく)も解消できるというわけです。

治療薬については、ワクチンを開発した欧米のメーカーも開発に躍起になっているそうですが、今度は日本が先駆者になってほしいものです。

治療薬さえできれば、ワクチン接種のリスクを考えなくて済むわけですしこれ以上良いことはないです。

日本の薬剤メーカーには、心からエールを送りたいです。

| |

« インフルエンザワクチン副反応・の報道 | トップページ | 教員免許更新制度と、また安倍政権 »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
1日も速く、「国産(日本製)ワクチン」が出来ると良いですね。

投稿: H.K | 2021年7月10日 (土) 22:29

>H.Kさんへ

ワクチンより、治療薬に期待したいです

投稿: 玉井人ひろた | 2021年7月11日 (日) 09:07

イベルメクチンが安価で効く(実際に現場では使われている)のに、新薬で儲けたいから・・・という話もあり、大金が動く薬品業界も魑魅魍魎。

投稿: 山桜 | 2021年7月11日 (日) 13:24

こんにちは、玉井人ひろたさん。
国内産治療薬、良く効くのが出来るといいですね。
玉井人ひろたさんも言われているように治療薬が
出来ると重傷者が減って病床のひっ迫が無くなって
くるでしょうね。

投稿: 浜辺の月 | 2021年7月11日 (日) 14:21

>山桜さんへ

大金が動いたとしても、我々に安価で手軽に使われればそれに越したことは無いとも言えますね。


>浜辺の月さんへ

「ちょっと辛いな」というときに、さっと飲んで効く薬があるのは最高ですよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2021年7月11日 (日) 14:54

基本的な国防は、兵器だけでなく、ワクチンが必要であることが、意識を新たにしました。改めて、研究開発の必要りますね。
学術会議のメンバーもこれらをもう少し門戸を広げて、研究を進める必要がある。
官民挙げて、資金力を補う研究と開発をして欲しいと思います。

投稿: ひで | 2021年7月11日 (日) 16:43

>ひでさんへ

恒久的な研究開発支援体制が欲しいですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年7月11日 (日) 16:58

いや~全くですね。
こうやって一つの感染症を克服していくのでしょう。
しかし敵も然る者なかなか手強いようです。
それに次の新種だって控えているでしょうし。

投稿: もうぞう | 2021年7月12日 (月) 07:34

>もうぞうさんへ

ワクチンは、新種が現れると効果が減りやすいですが、治療薬は違います。
はやく、治療薬が欲しいです

投稿: 玉井人ひろた | 2021年7月12日 (月) 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザワクチン副反応・の報道 | トップページ | 教員免許更新制度と、また安倍政権 »