« いんがみだ | トップページ | 新たなワクチンを認可 »

2021年8月28日 (土)

JR只見線開通50周年めに

JR只見線(ただみせん)は、福島県会津若松市の「会津若松駅」から 1500m級の山が連なる奥羽山脈(おううさんみゃく)の険しい峠を貫き、新潟県魚沼市の「小出駅」までを結ぶJR東日本の鉄道路線です。

同線は大正15年(1926)に工事が着工し、今年の8月29日(日)で1971年の全線開通から50周年を迎え、只見町や金山町など駅や周辺地域では50周年記念セレモニーを予定しているそうです。

同線は、震災が起きた2011(平成23)年7月の新潟・福島豪雨で被災、その後も台風の被害に見舞われやっと全線が復旧する喜びも、今回の50周年記念行事に込められています。

只見線の只見~会津川口駅間には写真愛好家を魅了する、紅葉の絶景撮影スポットが数多く存在するところでもありますが、コビッド-19感染拡大は衰えを知らず、沿線自治体関係者や観光業界の苦悩は続くようです。

山間地帯の鉄道としては赤字ではなかった珍しい路線ですが、元にまで戻るでしょうか?

| |

« いんがみだ | トップページ | 新たなワクチンを認可 »

コメント

三条市と只見町を結ぶ国道289号通称八十里越も工事を急いでいますが、なかなか開通しません。

投稿: もうぞう | 2021年8月28日 (土) 19:06

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
「50周年」って、長いし凄いことですね。
(勿論、その間にも色んな事が有りましたね。)

投稿: H.K | 2021年8月28日 (土) 19:09

>もうぞうさんへ

奥羽山脈の手強さがよく解る気がします


>H.Kさんへ

すごいですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年8月29日 (日) 07:56

今年、降雨や山崩れに合わなかっただけに、新企画で繁盛を取り戻すと思います

投稿: 真島節朗 | 2021年8月30日 (月) 10:21

>真島節朗さんへ

そうでも無いのです。豪雨や福島沖地震で、また少し被害が発生しています

投稿: 玉井人ひろた | 2021年8月30日 (月) 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いんがみだ | トップページ | 新たなワクチンを認可 »