« また、猪苗代湖が人を飲込む | トップページ | デルタ株にはモデルなワクチンが有効(?) »

2021年8月13日 (金)

アメリカでは、マスク着用で対立

日本と同じくコビッドー19感染が再急増しているアメリカでは、新学期・新学年が始まる来月の9月から学校での「マスク着用の義務化」について推し進めよとするバイデン大統領(民主党)に対し、共和党支持の各州知事から反対と批判、そしてマスク義務化を禁じる知事命令が相次いでいるそうです。

さらに、そのマスク義務化に反対する州知事に対し、同じ州の親たちや学校関係者からは「感染リスクを考え、マスク義務化をすべきだ」という訴訟が続発し、国内の論争は複雑になっているようです。

マスク義務化に反対する州は、アーカンソー、オクラホマ、サウスカロライナ、テキサス、西部アリゾナ、ユタなどの共和党系知事の所だそうです。

反対の理由は↓

「マスクの長時間着用は子供の健康を損ねる恐れがある」
「判断は各家庭がすべきだ」

反対している州は、ワクチン接種を完了した人の割合も全国平均(50・3%)よりも低いらしく、完全にアメリカも二分化しての対立が強くなるばかりのようです。

バイデン大統領は、マスク義務化に反対する知事らを「不誠実だ」と批判し、いらだちをあらわにしたそうです。

ただ、日本はマスクの義務化は行われていませんし、感染リスクが低い戸外など場合は外すことを奨励していますので、反対している知事の考えも解らないではないです。

でも、あの国は義務化までしないとマスクを着用しないのでしょう。

日本でも、同じようなことが進みつつあり、国民の分断がアメリカのようにならないことを願います。

最近、与党も、野党も、わたしには「同じ穴の・・」にしか見えなくなってきました。

| |

« また、猪苗代湖が人を飲込む | トップページ | デルタ株にはモデルなワクチンが有効(?) »

コメント

国民性の違いがあるのでしょうね。

投稿: 吉田勝也 | 2021年8月13日 (金) 13:04

>吉田勝也さんへ

そうでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年8月13日 (金) 17:05

ワクチン非接種キャンペーングループが40億円も資金を集めるアメリカ。
マスク非着用は科学的根拠ありともいえるけど、パーフェクトともいえない弱さも持つ。
そこに政治的判断の駆け引きになってくるのでしょうか。
日本とアメリカのどちらがこの「災害」にたいして、
制御能力をもてるか、国民がしっかりと見つめていきたいところです。

投稿: へこきあねさ | 2021年8月13日 (金) 17:39

>へこきあねさんへ

結局は、国民の考え方次第なのかもしれませんね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年8月13日 (金) 19:07

日本はアメリカの真似をすればいいというわけではないでしょう。広く人命にかかわることとして、公権力の行使を検討してもいい時期に来ていると考えたいです

投稿: 真島節朗 | 2021年8月13日 (金) 19:47

>真島節朗さんへ

公権行使には、とても敏感な国民が多いので難しいでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年8月14日 (土) 08:26

マスクって本当に効果があるのでしょうか?
それとあのアルコール消毒。
チラッと振りかけてチョコチョコ手を合わせるだけ。やらないよりマシか?

マスクはスパコンで実証されているようですがね~

投稿: もうぞう | 2021年8月16日 (月) 18:09

>もうぞうさんへ

効果はあるんだと思いますよ

投稿: 玉井人ひろた | 2021年8月16日 (月) 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また、猪苗代湖が人を飲込む | トップページ | デルタ株にはモデルなワクチンが有効(?) »