« 青空に秋津の群れ | トップページ | 運転ミス事故にAIで »

2021年9月21日 (火)

解除 と 自壊

きょう、福島県発表の県内のコビッド-19感染者は「9人」、本当に久しぶりの一桁の人数になりました。

これを受けた格好で、福島県は21日に県新型コロナウイルス対策本部員会議を開き、郡山市、福島市のまん延防止等重点措置を独自に24日解除することが決められたようです。

ただし、クラスターが発生している「いわき市」への重点措置は30日まで継続するようです。

「暑さ寒さも彼岸まで」のように、彼岸過ぎたら感染も減少に転じてくれるとありがたいですがそうもいかないのでしょうね。

今回のような急激な増加と減少は、間違いなくこれからも繰り返すのでしょう。

追記>

報道1930の放送で、急激に増殖する変異株はあまりにも急激に増えるため不良・未熟ウイルスが大量に発生し、それらは「自壊」といってウイルス自らが自然に壊れて減少することが判明しました。

つまり、急激に増えたり急激に減ったりの波が発生する理由の一つが「ウイルスの自壊」のようです。

| |

« 青空に秋津の群れ | トップページ | 運転ミス事故にAIで »

コメント

完全な収束は考えにくいので、たぶん大波小波の周期でぶり返すでしょうね。

そのうち全てがインフルエンザと同等になれば良いのですが、来年の秋以降には落ち着くと思いたい。

投稿: JACKS | 2021年9月22日 (水) 06:57

>JACKSさんへ

たぶん、そのころかなと私も思っていますが、そうなることを祈るしかないですね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年9月22日 (水) 07:56

そうだと思いますね。
今朝のテレビで飲み薬の話題を取り扱っていました。
ワクチンと治療薬がこれを軽減ですかね。

投稿: ひで | 2021年9月22日 (水) 09:31

ワクチンのせいでこのまま減ってくれるといいのですが・・・。

投稿: 吉田勝也 | 2021年9月22日 (水) 12:21

>ひでさんへ

記事中に追加しましたが、「自壊」という理由でも何度も波が来るようです

投稿: 玉井人ひろた | 2021年9月22日 (水) 12:21

多細胞生物で生じるアポトーシスのようなことが、ウィルスにも生じるのですね。

投稿: 山桜 | 2021年9月22日 (水) 13:01

>山桜さんへ

難しい言葉をご存じなんですね。生物には、なんでもそういう特性があるのかもしれません。

投稿: 玉井人ひろた | 2021年9月22日 (水) 16:31

自然の摂理なんでしょうかねー
人間も増えすぎると・・・

投稿: もうぞう | 2021年9月25日 (土) 07:13

>もうぞうさんへ

マウスを使った実験では、狭い場所に大量のマウスを詰めるとまず同性愛が始まり、さらに共食いを始めたそうです。

投稿: 玉井人ひろた | 2021年9月25日 (土) 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空に秋津の群れ | トップページ | 運転ミス事故にAIで »