« 自衛隊のドローンが行方不明? | トップページ | 「駆除目標は144万頭だ」と言われても »

2021.11.26

パソコンメモリ・SSDの寿命は・・

昨今のパソコンの主メモリーは、低価格化が進むにつれてHDDからSSDへと普及が進んでいます。

わたしも今使っているパソコンを買うときに迷った末、HDDより優れている点が多いということで(恐る恐る)SSD搭載モデルを購入しました。

SSDがHDDより優れている点は主に次のようなものです。

  1. 処理速度が速い
  2. 耐衝撃性が高い
  3. 処理音が小さくなる
  4. 基本的にはHDDよりSSDの方が寿命は長い

買うときに気になったのが、4番の寿命で「基本の寿命は5年と言われる」というのを見ると気になりましたが、それはHDDもさほど差は無くもっと長く使えるようです。

それでも、新たな記憶媒体であるSSDに、もし寿命が来たらどんな症状が出るのか?気になることですが@niftyのサイトにそれの説明を見つけました。

<SSDの寿命の目安となる症状>

  • 処理速度が遅くなる。
    文書ソフトなどのファイル保存や、パソコンの起動に時間がかかる
  • 突然シャットダウンすることが頻発する
  • パソコンの画面が黒くなって
     Boot Device Not Found が表示される

<SSDの寿命を延ばすには>

  • 不要なデータはその都度削除し、日ごろから空き容量を確保しておくこと
  • データの書き込み回数をなるべく増やさないこと
  • バックグラウンドでの作動を無くすため、使用しない時にはシャットダウンすること。

読んでみて、「なぁんだ・・」と思いました。

全て、HDDと変わらないということで、つまり今までと同じ考えでいればよいようです。

なんだか、安心した気がしました。

ちなみに、私の場合は文書ファイルやフォトファイルなどのデータは全て外付けHDDに保存しています。

| |

« 自衛隊のドローンが行方不明? | トップページ | 「駆除目標は144万頭だ」と言われても »

コメント

とは言え、一番安全安心なのは、紙媒介による保存てことになりますね。

投稿: もうぞう | 2021.11.26 18:36

>もうぞうさんへ

自然消滅が無いですからね。公文書は「美濃和紙」ですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2021.11.27 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自衛隊のドローンが行方不明? | トップページ | 「駆除目標は144万頭だ」と言われても »