« 女性服のサイズ表示 | トップページ | 不正の始まりは「2013年度」 »

2021年12月15日 (水)

森友 改ざん問題が緊急結審

財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した近畿財務局の赤木俊夫さん(当時54)の妻の雅子さんが、国に1億1000万円余りの賠償賠償を求めた裁判で、国は本日一転して賠償責任を認めて裁判は終結しました。

突然の国の変更は、原告側も裁判所も寝耳に水だったようで、特に赤木さんの妻雅子さんは“不意打ちで頭が真っ白”になったことが報じられました。

これで、森友学園に関する決裁文書の改ざんの真相は不明のまま終了してしまうようです。

鈴木財務大臣は今日の午後、認めた理由を記者団に対し発表しました。

  • 赤木さんは、改ざん指示への対応を含め、森友学園案件に係る情報公開請求への対応などのさまざまな業務に忙殺され、精神面と肉体面に過剰な負荷が継続したことにより、精神疾患を発症し自殺したのは国の責任
  • 原告の求めを踏まえ、労働時間や公務災害認定に関する資料、原告の夫が作成したファイル一式など、審理に必要な資料を可能なかぎり提出してきた。

つまり、自殺したのは「過重労働で、その労働内容は提示尽くしたのでこれ以上裁判を長引かせることは無い」ということのようです。

これによって、森友問題の中心である安倍前総理夫婦と、当時の麻生前財務大臣の責任問題は回避されてしまう結果となりました。

誰がこの絵を描いたのか?

それが安倍派と麻生派と、その議員たちの中にいる可能性は非常に高いことは私にだって想像がついてしまうことです。

中国共産党並みの行動に見えてしまいます。

| |

« 女性服のサイズ表示 | トップページ | 不正の始まりは「2013年度」 »

コメント

ほんとですねぇ。中国やミャンマー軍事政権と同じく、権力に逆らうものには徹底的に「ふた」をする。
これでは民主主義とはとても言えません。佐川訴訟など継続しているとはいえ、税金で金で幕引き。森友、加計、さくら、国交省改ざん、疑惑は積み増しされる一方です。

投稿: へこきあねさ | 2021年12月16日 (木) 09:59

>へこきあねさんへ

それ全てが「安倍政権」というのも、重大な問題です

投稿: 玉井人ひろた | 2021年12月16日 (木) 15:46

日本は自由だ。
なんて思っていましたが、いつの間にか隣大国に追いつき追い越すいきよいですよね。

投稿: もうぞう | 2021年12月16日 (木) 18:50

>もうぞうさんへ

非常に面白い言い回しですが、その通りですね

投稿: 玉井人ひろた | 2021年12月16日 (木) 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性服のサイズ表示 | トップページ | 不正の始まりは「2013年度」 »