« docomoユーザを狙った詐欺メール | トップページ | 安倍政権が偽装した日本経済 »

2021年12月28日 (火)

警視庁が中国人のテロリストを国際手配?!

中国軍による日本企業や組織を狙ったサイバーテロに関する、驚くべき事実が報道されました。

30歳代の元中国人留学生の男が、中国人民解放軍の軍人の妻からの指示で※日本企業向けのウイルス対策ソフトを不正に購入しようとしていた疑いで、東京都警視庁公安部は、詐欺未遂容疑でその男の逮捕状を取ると共に、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する方針。

これは、2016年に宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))や航空関連企業などがサイバー攻撃を受けた事件の捜査過程で判ったことのようです。

警視庁によると、元留学生は2016年11月、実在しない日本の企業名や担当者名を使い、東京都内の会社が販売している日本企業向けのウイルス対策ソフトを購入しようとしたそうですが、そのソフトは日本人や国内以外には販売が堅く禁止されているものなんだそうです。

留学生に対し、「国に貢献しなさい」「国が守ってくれる」などと強制していた妻のの夫は、中国軍のサイバー攻撃部隊「61419部隊」に所属でサイバー攻撃を仕掛ける中国のハッカー集団「Tick(ティック)」とほぼ一体とみられている組織のメンバーらしいのです。

つまり、‘サイバーテロリストの妻’ということになります。

警視庁は「詐欺事件」としていますが、どう見ても中国政府による「スパイ事件」または「テロ事件」ですし、管轄も「外務省」防衛省」「警察庁」が合同して行う事件です。

ほんとうに中国というのは恐ろしいい国だとも言えますが、逆に言えばそれだけ日本は中国にとって脅威なのかもしれません。

安倍政権と菅政権は、難しい未解決の事案を残したまま、うまく岸田内閣に押し付けたものだとも思ってしまいました。

| |

« docomoユーザを狙った詐欺メール | トップページ | 安倍政権が偽装した日本経済 »

コメント

「ほんとうに中国というのは恐ろしいい国だとも言えますが、逆に言えばそれだけ日本は中国にとって脅威なのかもしれません。」・・・難しい関係ですね。

投稿: 吉田勝也 | 2021年12月29日 (水) 11:41

>吉田勝也さんへ

自衛隊の装備は、アジアでもトップクラスですからね。
中国からすれば、侮れない気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2021年12月29日 (水) 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« docomoユーザを狙った詐欺メール | トップページ | 安倍政権が偽装した日本経済 »