« トンガへ海上輸送艦「おおすみ」が出港 | トップページ | 笑えない‘ギャグ’ 個人情報漏えい »

2022年1月26日 (水)

春は ‘揚げ物(?)

兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」とされるのが、平安時代中期の作家・歌人、清少納言が書いた「枕草子」です。

その枕草子の中でも最も有名なのが、

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は夜。月・・・

上記の四季を書いた作品と、「春はあけぼの・・」という書き出しでしょう。

今日の買い物からの帰宅途中、カーラジオのある番組から流れてきたのが「春はあげもの」という視聴者のパロディー文の投稿です。

もちろん、スタジオのMCたちは爆笑でした。

「あけぼの」と「あげもの」は、四文字とも母音が全く同じなんですよね。

これを聞いてから、わたしの頭から「春は揚げ物」のことばが離れなくなってしまいました(笑)

| |

« トンガへ海上輸送艦「おおすみ」が出港 | トップページ | 笑えない‘ギャグ’ 個人情報漏えい »

コメント

蕗の薹の天ぷらが目に浮かびました。待ち遠しいです。
そういえば、柳原白蓮の娘さんの蕗苳(ふき)さんが亡くなりましたね。

投稿: 山桜 | 2022年1月26日 (水) 19:35

『芭蕉俳句集』には「誤伝の部」というのがあって中に
 秋のくれなかなかをかし桶火鉢……の最後を「桐火鉢」
という句が紹介されています

投稿: 真島節朗 | 2022年1月26日 (水) 20:30

>山桜さんへ

もう採れるはずなんですが、雪があってやめています


>真島節朗さんへ

そういうのがあるんですね

投稿: 玉ヰひろた | 2022年1月27日 (木) 08:13

「春はあけぼの」と「春はあげもの」どちらも季節感があっていいですね。

投稿: 吉田勝也 | 2022年1月27日 (木) 12:03

>吉田勝也さんへ

揚げ物にも季節がありますかね(笑)

投稿: 玉ヰひろた | 2022年1月27日 (木) 14:09

玉ヰひろたさま
面白いですね。座布団3枚!!
高校時代三大随筆と平家物語のさわり部分は
暗記していました。
今でも朧気に頭に残っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2022年1月28日 (金) 18:46

春はあげもの。うまいな~
掛けています。
念のため。

投稿: もうぞう | 2022年1月28日 (金) 18:49

>輝ジィ~ジさんへ

ほんとうにうまいと、私も思いました


>もうぞうさんへ

揚げ物・うまい ですね

投稿: 玉ヰひろた | 2022年1月28日 (金) 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンガへ海上輸送艦「おおすみ」が出港 | トップページ | 笑えない‘ギャグ’ 個人情報漏えい »