« コビッド-19対処法は秋の国会で協議 | トップページ | 春は ‘揚げ物(?) »

2022年1月25日 (火)

トンガへ海上輸送艦「おおすみ」が出港

昨日の24日、大爆発を起こし甚大な被害が出ているトンガにむけ、広島県呉市の海上自衛隊呉基地から救援の自衛隊を載せ、海自輸送艦「おおすみ」(全長178メートル、基準排水量8900トン)が出港しました。

乗組員や搭載した主な内容は次のようになっているようです。

  • 海上自衛隊と陸上自衛隊の計約300人
  • 国際協力機構(JICA)が用意した飲料水(6万リットル)
  • ポリタンク
  • 輸送用のトラック
  • 火山灰を取り除く高圧洗浄機60台
  • 海自のホバークラフト型揚陸艇「LCAC(エルキャック)」2艇
  • 陸自の大型の「輸送ヘリコプターCH47」2機

特に飲料水と、高圧洗浄機は役に立つ気がしますが、どうでしょう?

当然ですが、隊員たちの食料や生活物資も搭載しているので総重量は大変なものらしく、速度は上がらないようで早くて約10日か2週間ほどかかってトンガに到着するようです。

つまり、到着はだいたい2月の5日ごろになるのでしょうか、トンガは遠いことがいまさらながらに感じる到着予定です。

それまでは、先行(20日)して現地で活動している航空自衛隊の輸送機と隊員の活動に期待するしかないようですが、被災者が一番待ち遠しいことでしょう。

無事にトンガへ到着し、無事に日本に帰港してもらいたいです。そうでなくては意味が無い

| |

« コビッド-19対処法は秋の国会で協議 | トップページ | 春は ‘揚げ物(?) »

コメント

トンガは遠い!
火山灰での苦労は経験してますので良くわかります。
早く応援隊がついてくれるのを祈ります。
桜島の何十倍もの火山灰です、苦労が計りしれません。

投稿: 吉田勝也 | 2022年1月25日 (火) 11:32

>吉田勝也さんへ

実感されていることが、よくわかります

投稿: 玉ヰひろた | 2022年1月25日 (火) 14:42

このようなことで自衛隊が動くのは歓迎です。ぜひこうした国際貢献をしてもらいたいものです。
無事に着いて、無事に帰港してもらいたい、という言葉にすこしひっかかったのですが、なにかトラブルでも予想していますか?

投稿: へこきあねさ | 2022年1月25日 (火) 17:04

あちこちで災害が起こり、他人事ではありませんね。「そなえよつねに」そして、出来る時には大いに助けたいものです。

投稿: 山桜 | 2022年1月25日 (火) 17:28

>へこきあねさんへ

片道だけで、約2週間も海上を航行をするわけですから、その間に悪天候は避けられないと思いませんか?

投稿: 玉ヰひろた | 2022年1月25日 (火) 17:30

>山桜さんへ

日本国内でも、これから何度も起こる気がしてなりません。
最低でも心の備えぐらいは肝要ですね

投稿: 玉ヰひろた | 2022年1月25日 (火) 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コビッド-19対処法は秋の国会で協議 | トップページ | 春は ‘揚げ物(?) »