« 北朝鮮のオール電化住宅 | トップページ | 葬儀の日の言い伝え(タブー) »

2022年2月19日 (土)

その報道は、真実か?

2月18日アメリカ誌フォーリン・ポリシーは、ロシアがウクライナ侵攻後に暗殺または拘束する必要のある政治家や要人のリストを作成しているというアメリカ当局者らの話を報道しました。

その記事によれば、反ロシア派やウクライナに亡命中のロシア人やベラルーシ人の活動家、ジャーナリストらロシアの行動に反対する人々が暗殺や誘拐、拉致、拘束、拷問などの標的になる可能性が高いなどと指摘した内容のようです。

ウクライナと言うと、戦前ロシア革命が勃発したころ、それを逃れて樺太へ亡命していたウクライナ系ロシア人の「ボリシコ・マリキャン氏」と言う人物、その地で出会った納谷キヨさんという女性と結婚し、その二人にできた子供たちの末っ子が横綱大鵬になっていく話を思い出す私です。

私たちが耳にするロシアの報道は、すべてが上記のような内容が多く、その情報源は全て欧米=西側諸国の報道です。

昨日、BSの番組に出た駐日ロシア大使が言ったことが、頭に残っています。

アメリカの情報は信用できるが、ロシアの情報は信用できない。それは、何の根拠に基づいているのですか?」

「ロシアは、ベラルーシのミンクスで交わされた『ミンスク議定書』を守ってもらいたいだけです。」

「『ミンク酢議定書』を破ったのは、欧米側です」

言われれば、アメリカの情報と言うのは100%信用できるかと言うと、その答えは「?」です。

なぜなら、日本の自衛隊が初めて海外に派遣された「湾岸戦争」、あのときブッシュ大統領が掲げた大義名分は、後年になって間違っていたことが判明しました。

しかし、当時の小泉総理もブッシュ大統領も何の責任も取らないどころか、その話には触れず触らずでうやむやになってしまいました。

正しい情報は、どうしたら得られるのでしょう?

| |

« 北朝鮮のオール電化住宅 | トップページ | 葬儀の日の言い伝え(タブー) »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
何処までが真実で、何処までが嘘情報なのか、はっきりしませんね。

投稿: H.K | 2022年2月19日 (土) 23:02

日本の情報戦略はどうなっているのでしょう。余り明らかにするものではないと思いますが、何とも心許ないように思えます。

投稿: 山桜 | 2022年2月19日 (土) 23:15

>H.Kさんへ

政府も確認できず、困っていることが報道されましたね


>山桜さんへ

情報戦略というものが、苦手と言うか、日本政府は嫌いなんでしょうね

投稿: 玉ヰひろた | 2022年2月20日 (日) 09:38

玉ヰひろたさま
駐日ロシア大使のBS番組 私も観ました。
話しの仕方、顔つきからも信頼性が置けるように
思えました。
しかし、本当のところは?
何しろトップがトップこの人は全く信用できませんから・・
元防衛大臣O寺氏のcommentは一番スッキリ入ってきます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2022年2月22日 (火) 10:06

>輝ジィ~ジさんへ

トップの考えは、本人でないと判らないですよね

投稿: 玉ヰひろた | 2022年2月22日 (火) 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北朝鮮のオール電化住宅 | トップページ | 葬儀の日の言い伝え(タブー) »