« カップ焼きそば」と宮城の高校生 | トップページ | ロシア兵も、ミャンマー兵のように »

2022年3月15日 (火)

LINEというアプリ、「+メッセージ」というアプリ

思いもせずスマホを使うようになった私ですが、気になっているのがLINE導入の是非です。

買ったスマホには、相手の発言と自分の発言が1つの画面で表示されるなど、LINEに酷似しSMSと共用する「+メッセージ」(プラスメッセージ)と言うアプリが標準で備えられていました。

そこで、その二つのアプリと従来の「SMS(ショートメール)」との違いを比較したくなって表にしてみたのです。

   項目    SMS
 +メッセージ    LINE
送受信可能 テキスト
・絵文字
テキスト・画像・動画・スタンプ テキスト・画像・動画・スタンプ
文字数 最大全角
70文字
 最大全角
2,730文字
 最大全角
10,000文字
宛 先 電話番号 電話番号 アカウント
成り済まし 不可 可能
利用料金 通話料 パケット料金 パケット料金
画 面 送受別表示 一つの画面に相手と自分が表示される 一つの画面に相手と自分が表示される
グループメッセージ可能人数 不可 100人まで 500人まで
友達追加の可能人数  制限無し(?) 5,000人まで
音声メッセージ 不可 可能 可能
対応機種 SIMフリー含め全機種 ドコモ、KDDI、au、ソフトバンクの機種 SIMフリー含めて全機種対応
提供会社 ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社共同  LINE株式会社
使用地域と利用人数

現在は日本国内のみ
2000万人

日本を中心に極東アジアが主。
国内8400万人越
通 話 不可 不可 可能
アプリ 不要 必要 必要

「LINE」と「+メッセージ」の一番の違いは、アカウント通信か電話番号通信ということになるようです。

そしてもう一つの大きな違いは、詳しくは判らないがLINEはその通信方法の為、利用者のメールなどの通信・通話内容がいったんLINE株式会社に保管される仕組みになっているということ、
それに対し「+メッセージ」は固定電話や携帯通話と同じく、通話の時間と相手番号が記録されるだけという違いでしょう。

国も手続きにLINEを導入していますが、さてその導入・使用の是非はどうなのでしょうか?

| |

« カップ焼きそば」と宮城の高校生 | トップページ | ロシア兵も、ミャンマー兵のように »

コメント

こんにちは、LINEは便利ですよ。ビデオ通話も出来て相手が見えます、グループ内でも会話が成立。

このコロナ禍で仙台の孫娘と、顔を突き合わせて?話せて、直接行く事も出来ない場合は便利です。

投稿: JACKS | 2022年3月16日 (水) 07:59

>JACKSさんへ

LINEも、動画通信だとSMSより料金が高くなりますし、さらに、LINEの大株主は韓国企業で時々データ漏えいも発生しているし、今のところ、+メッセージで間に合っているので不要と言えば不要なんですが気にはなっています。

投稿: 玉ヰひろた | 2022年3月16日 (水) 09:03

LINEは家族間とか友人とか写真や動画も送れて便利です。

投稿: 吉田勝也 | 2022年3月16日 (水) 13:11

LINEは個人情報が彼の国へ筒抜けと聞きますが、まぁ、知られて拙いようなことは情報もなし、便利なので使ってしまっています。日本資本で安全な同様のアプリがあるのなら、もっと普及して欲しいです。

投稿: 山桜 | 2022年3月16日 (水) 14:46

>吉田勝也さんへ

+メッセージも全く同じアプリなのですが、普及は鈍いようです


>山桜さんへ

安全でも、普及が鈍くて知名度が上がらないようです。

投稿: 玉ヰひろた | 2022年3月16日 (水) 16:14

素晴らしい分析をされましたですネ。
今は、SIM フリーの番号でも使えるようになりました。
日本の事業者が、大同小異でプラスメッセージの開発が遅れてしまった。これが3事業者の企業病ですね。
先見の目がなかった。今は単なる土管になりそうですね。

投稿: ひで | 2022年3月16日 (水) 17:52

深く考えないで使っています。
便利ですからね。
6年ほど使っていますが、事故?もありませんし。。

投稿: もうぞう | 2022年3月16日 (水) 18:49

>ひでさんへ

「劣化LINE」とかいう、不名誉な呼ばれ方があるようですね。


>もうぞうさんへ

全く使っていない私です。そもそも、メールをやりません

投稿: 玉ヰひろた | 2022年3月16日 (水) 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カップ焼きそば」と宮城の高校生 | トップページ | ロシア兵も、ミャンマー兵のように »