« 口ベタとパソコン | トップページ | ロシア原油買い溜め・インド »

2022年3月29日

文書のフォントは何をお使いですか?

地域の役員を複数請け負っているわたしは、どうしても連絡文書などを作る場面が多くなります。

現在は手書きの文章が使われることは無く、いまさらながらパソコン操作を覚えていてよかった気がします。

文書作成ソフトは、最初に使ったのがマイクロソフト社の「Office」のWordとExcelだったので今でもそれだけです。

文章を作るときに、いろいろと文面デザインを気にする性格のため、必ず迷うのは使用フォントです。

だいたいは、MSゴシックが主ですがこれはタイトルなどには良いのですが、高齢者向けに見やすくするため文字を大きくすると文面が強すぎて気に入らないわけです。

そこで、WordにもExcelにも、さらに気楽な書面にも改まった書面にも兼用できるものは無いか?

世間ではどんなフォトが好まれているのか?を初めてリサーチしてみたのです。

そしたら、「MSゴシック」「MS明朝」「メイリオ」「游ゴシック」「游明朝」が、和文用に最も使われていて5大フォントとされていました。

現在では「メイリオ」「游ゴシック」「游明朝」が最も人気で、和文用の3大フォントと呼ばれているようです。

その3つの内でも「明瞭(めいりょう)」が語源とされる「メイリオ」が一番人気だったようですが、昨今はそれに代わって「有限会社字游工房(じゆうこうぼう)という、東京にある企業が開発した「游自体」がその座を奪いつつあるようです。

以前のOfficeでは「游ゴシック・游明朝」は使用不可能だったのですが、人気が高まり今では使えるようになりました。

私のパソコンにも標準装備されています。

この遊ゴシックは、同じくゴシック系のメイリオをもう少し業務使用にしたもので、つまりメイリオより堅い文字でMSゴシックよりは柔らかいというちょうどよい書体としたようです。

なんといっても、パソコンのモニター上で目が粗いMSゴシックに比べ、游ゴシックの滑らかで見やすいのが驚きでした。(プリントするとどちらも変わらない)

わたしはこれのなかで一番太字の「游ゴシック Mediun」が気に入り、WordとExcelの作成の既成書体として全て固定してしまいました。
ついでに、フォントサイズも「12」で固定しました。

これで文書作成時の、初期段階の迷いは無くなり悩み解消です。スッキリしました。

それにしてもWindowsに入っているフォントは多すぎわかりません。私のは、後で追加したのもあるので数百は入っているかもしれません

参考ですが、現在のExcelのフォントは、目が粗いMSゴシックに代わり「遊ゴシック」(英数字=Segog UI)がデフォルテ(標準)になったようです。

|

« 口ベタとパソコン | トップページ | ロシア原油買い溜め・インド »

コメント


わたしもメイリオになりました。現役のころは、MS明朝でしたですネ。

投稿: ひで | 2022年3月30日 09:44

私はいまだに一太郎を使ってますが明朝を使っています。

投稿: 吉田勝也 | 2022年3月30日 13:47

>ひでさんへ

メイリオは人気があるようですね


>吉田勝也さんへ

一太郎も人気ですよね。明朝は、機械印刷の活字の元祖ですからね

投稿: 玉ヰひろた | 2022年3月30日 15:59

一太郎派ですが、年賀状でもない限りフォントは気にしていません。
それにしても皆さん色々ご存じなんですね。

投稿: もうぞう | 2022年3月30日 18:54

>もうぞうさんへ

一太郎をお使いなのは以前の話しで知っていましたが、フォントは気にならないようですね
わたしは、気になってしょうがないのです

投稿: 玉ヰひろた | 2022年3月30日 20:50

自分で作成する文書では、HG丸ゴシックが多いですが、学校などに提出する書類では明朝も使います。
メール返信には、最近はデフォルトでは游ゴシックに設定されていますが、余り好きじゃ無いのでMSPゴシックでサイズ12を使っています。
メイリオは大きさによっては列の感覚が空き過ぎることああるので調節が面倒です。

投稿: 山桜 | 2022年3月30日 22:01

>山桜さんへ

メイリオも游ゴシックも、文字の間隔が開き気味で変動する特徴がありますね。
でも、そこがプライベートな文章には好まれるようです。

特に「游ゴシック」より「游ゴシック Mediun」のほうが、しっかりした文字になってMSPゴシックに近いので気に入りました。

投稿: 玉ヰひろた | 2022年3月31日 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 口ベタとパソコン | トップページ | ロシア原油買い溜め・インド »