« 黄色くない麦わら帽子の | トップページ | 電気自動車の良さはこれじゃないか? »

2022.05.31

日本は後進国なのか?・太陽光発電・EV車

IEA=国際エネルギー機関が今月公表した報告書によると、2021年に販売されたEV車(電気自動車)とPHEV車(ハイブリットEV車)の台数の合計はおよそ660万台で、

国別では>

  1. 中国=333万台(前年比2.9倍)、
  2. アメリカ=63万台(〃2.1倍)、
  3. ドイツ=68万台(〃1.7倍)、
  4. イギリス=31万台(〃1.8倍)
  5. フランス=30万台(〃1.7倍)

    日本=4万4千台(前年比1.5倍

見ての通り、世界の約50%を中国が占めていることが判ります。

その台数は、日本の約75もの台数が中国では走っていることになります。

同じく、世界で販売されたは、アメリカのテスラ社が販売台数世界1位、次いで中国のメーカが猛追して追い越す勢いだそうです。

日本のメーカーでは日産とトヨタがかろうじて20位以内の下位のほうに入っています。

こうなると、ますます需要が増える電力ということになり、脱炭素で再生可能エネルギーとして激増している太陽光発電の重要性が高まるばかりです。

ところが、以前も記しましたがメガソーラー建設による土砂崩れなどの自然破壊が問題になっていることも事実です。

その太陽光発電に、新たな環境汚染と破壊が問題になっていることが判明しました。

それは、破損や経年劣化で使えなくなった太陽光パネルの処理問題です。

その使えなくなる太陽光パネルは個人宅用も含め年間6千~7千トンにもなり、すでに処理能力を超えているため現在ではほとんどが‘埋め立て廃棄処理’になっているというのです。

このままでいけば、2030年、つまりあと10年にも満たないうちに廃棄される太陽光パネルは80万トンにも達する環境省の試算が出ているらしいのです。

そこで国は、太陽光パネルのリサイクル・再資源化を企業に義務づけることが検討に入ったそうですが遅い気がします。

経年劣化など、こういうのは最初から分かっていたはずで、メガソーラーの建設規制緩和した時点で検討に入るべきことでしょう。

デジタル化といい、原発問題といい日本はこういうのは遅れている国家だとつくづく思います。

| |

« 黄色くない麦わら帽子の | トップページ | 電気自動車の良さはこれじゃないか? »

コメント

日本の何倍もの大きな中国、ソ連、アメリカなどとよく戦争したものだと思います。

投稿: 吉田勝也 | 2022.06.01 13:59

>吉田勝也さんへ

経済封鎖などの制裁によって、切羽詰まった状態だったといいっますので、ロシアや北朝鮮が制裁からかつての日本のように凶行に及ばないかとの懸念もありますよね

投稿: 玉ヰひろた | 2022.06.01 14:33

新技術がでると、素晴らしい素晴らしいとアナウンスするが、欠点はまず言わない。
その時点では分からないのかも知れないが。
いつもその繰り返し。
電気自動車だってまだ公になっていない欠点がある気がします。

投稿: もうぞう | 2022.06.02 19:07

>もうぞうさんへ

EV車の使用済みバッテリーの処分は中国頼みだとか、いろいろ問題があるようです。

投稿: 玉ヰひろた | 2022.06.02 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄色くない麦わら帽子の | トップページ | 電気自動車の良さはこれじゃないか? »