« 東大生と大相撲・陸上とNHKの大失態 | トップページ | コンビニのセルフレジと自動車税 »

2022年5月10日 (火)

きょうは「日本気象協会創立記念日」

1950年(昭和25年)の5月10日、「気象協会」が設立されました。

それを記念し、毎年5月10日の今日を「日本気象協会創立記念日」としたそうです。

設立された当時の「気象協会」は、「関西気象協会」と「西日本気象協会」が存在していたそうです。

その後、気象協会は1966(昭和41)年に上記の二つの協会が合併し、現在の「日本気象協会(JWA)」となったようです。

日本気象協会は、気象庁が発表する気象情報の伝達と配布、気象調査、気象知識の普及などを行なっていますが、
気象庁との違いがよく解りにくいのも確かです。

昭和25年5月ごろと言えば、わたしの上の姉がやっと1歳になったころですが、
当時の協会の方々はもちろんのこと、人工衛星から気象データを見られるようになるとは、誰一人思わなかったでしょうね。

| |

« 東大生と大相撲・陸上とNHKの大失態 | トップページ | コンビニのセルフレジと自動車税 »

コメント

おかげで最近の天気予報はよく当たるようになりました。衛星からの情報はすごいですね。

投稿: 吉田勝也 | 2022年5月11日 (水) 12:30

>吉田勝也さんへ

私の所は、相変わらず外れることが少なくないです

投稿: 玉ヰひろた | 2022年5月11日 (水) 17:14

気象庁を頂点に?民間の気象会社が存在すると考えてよろしいのでしょうか?
思ったより多くの気象会社が存在するようですね。

投稿: もうぞう | 2022年5月12日 (木) 18:58

>もうぞうさんへ

有名なのは2社ぐらいですが、もっとあるようですね

投稿: 玉ヰひろた | 2022年5月12日 (木) 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東大生と大相撲・陸上とNHKの大失態 | トップページ | コンビニのセルフレジと自動車税 »