« 判決の境目は「2002年・地震予測」 | トップページ | 暮らしの工夫を拝借して »

2022.07.17

「銃撃され死亡」という表現?

安倍元総理の銃撃された事件について、私はこのブログにアップするときに「射殺」としました。

しかし、マスメディアは全て申し合わせたかのように「銃撃され死亡」という表現に徹しています。

このマスメディアの表現の意味は何だろう?と、気になってしょうがないので、私なりにその理由について勝手に推測してみました。

  1. 心肺停止の‘即死’状態ながら、救急車で搬送され病院で死亡が確認されたから。
  2. 射殺(銃殺)の言葉では、日本の安全イメージを壊すから。
  3. 射殺(銃殺)では、安倍元総理のイメージを悪くするから。
  4. 警察の警備体制への不備を印象付けるから。
  5. 即死だったことを公開したくないから。
  6. 政府から、遺族への配慮としてやわらげる(曖昧な)言い方への要請(指示)があった。

考えられるのは上記のようなことですが、なんとなくですが2番の安全な日本のイメージを壊したくないというのが近い気がします。

朝日新聞に投稿され、話題になっている東京都のS氏の川柳が面白いです。

「忖度は どこまで続く あの世まで」

 

<参考>

「射殺」とは、銃や弓矢などを使って人や動物を撃ち殺すこと。

「銃殺」とは、銃を使って人を殺すこと。または、銃殺処刑を指すことが多い。

 尚、日本はアメリカのような銃社会ではないため、一般的に銃殺と射殺を総して「射殺」と表現することが多い。

| |

« 判決の境目は「2002年・地震予測」 | トップページ | 暮らしの工夫を拝借して »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
これは、初めて知りました。

投稿: H.K | 2022.07.17 18:36

>H.Kさんへ

いつも、コメントありがとうございます

投稿: 玉ヰひろた | 2022.07.17 19:00

素晴らしい分析ですネ。

投稿: ひで | 2022.07.17 21:42

>ひでさんへ

私が考えた理由のどれかだとして、海外ではどう表現されているのでしょうか。
たぶん「銃殺(射殺)された」ではないでしょうかね

投稿: 玉ヰひろた | 2022.07.18 07:56

私の解釈では「銃撃され死亡」がしっくり来ます。

投稿: 吉田勝也 | 2022.07.18 15:04

>吉田勝也さんへ

そういう思いのほうが、一般的ななのかもしれませんね

投稿: 玉ヰひろた | 2022.07.18 17:43

いや~驚きでした。
そのように考える方がおられるんですね。
深いな~

投稿: もうぞう | 2022.07.18 17:57

>もうぞうさんへ

深読みのしすぎかもしれませんね

投稿: 玉ヰひろた | 2022.07.19 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 判決の境目は「2002年・地震予測」 | トップページ | 暮らしの工夫を拝借して »