« 1940年代の武器 | トップページ | あの・日以来 22日ぶりの晩酌 »

2022-07-10

安倍元総理の射殺事件の扱いへの疑問

安倍元首相が射殺された事件について、故人が参議院選挙中の応援演説中に起こったことで、マスメディアも政治家・政党のすべてが↓

「暴力による、言論の封殺だ。
 選挙という民主主義への許しがたい暴挙だ。」

と、まだその真相も犯人の動機も解らないのに、上記のように口をそろえて政治につなげていることに違和感を強く感じています。

山上徹也容疑者の調べが進むにつれ、動機は特定の宗教団体(NGO)に投信した母親が多額の寄付をして破産したことへの恨みから、最初は宗教団体のトップを殺害しようと考えたが近寄るのが難しく断念。

そこで、その団体にメッセージなどを送っていた安倍元総理への逆恨みを抱き、射殺したのが真相だった可能性が見えてきます。

それが真相なら、犯人にとって安倍元総理の政治活動・言論を封殺するのが目的ではなく、安倍氏そのものの存在が許せなかったことになります。

そうなると犯行は、政治的背景は無く個人的な怨恨の犯罪というなります。

つまり、民主主義だの言論封殺だの騒いでいるマスメディアや政党・政治家こそが、犯罪を強引に選挙に結び付けて印象操作をしているように見えてきます。

ただ、こんなことを言っていると、どこからか言論封鎖の声が聴こえてきそうで・・ちょっと不安。

 

 

| |

« 1940年代の武器 | トップページ | あの・日以来 22日ぶりの晩酌 »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
今回の事件は、余りにも衝撃的でしたね。
だけど、犯人の動機が如何にも「?」と、首を傾げたい気持ちですね。

投稿: H.K | 2022-07-10 19:24

>H.Kさんへ

まだまだ、わからないことが多い事件です

投稿: 玉ヰひろた | 2022-07-10 19:36

そうですね。思想信条のちがい、ということでないことは確かなようです。
個人的な逆恨み、というのも確かのようですが、結果として選挙の演説中に銃撃、というあってはならないことがおきたから、これ自体民主主義への挑戦という一面もあると思うのです。

投稿: へこきあねさ | 2022-07-10 22:15

故人が「美化」されるのが、怖いです。

投稿: もうぞう | 2022-07-11 07:24

>へこきあねさんへ

見方や人によっては、そうなるのでしょうね。
ただ、演説中に交通事故が起きても、マスコミは民主主義への○○と書くのでしょうか?疑問です。


>もうぞうさんへ

あれとは、別問題ですからね。
そうでなければ、自殺に追いやられた財務職員がうかばれません

投稿: 玉ヰひろた | 2022-07-11 12:05

今回の元首相射殺を「テロ」と呼ぶ政党党首がたくさんいましたが,テロではありませんよね。殺傷で政治的信条を達成し用途するのがテロリズムです。今回は家庭の問題を宗教法人への恨みを,元首相が関与していると考え転嫁してしまった,私怨による犯行です。どういう形であっても,恨みをああいう形で晴らすなどということはあってはなりませんが,今回の事件は「言論の自由に対するテロ」でも「民主主義に対するテロ」でもない。何故か,岸田首相(自民党党首)だけがテロという言葉を使っていない。実は岸田首相という人やそのブレーンは,言葉遣いについてとても厳密であり,真っ当なのかと思いました。
ただ,何日経っても事件の動画を流したり殺傷手段を詳しく分析したりしていますが,この事件で誘発される模倣犯が出るでしょうから,不必要な報道は避けてほしいものです。

投稿: ケンヂ | 2022-07-11 19:03

>ケンジさんへ

わたしも一番気になったのが「模倣犯」の発生でした。
今のところ出ていないですが、これから絶対出ないとは言い切れないですよね

投稿: 玉ヰひろた | 2022-07-11 20:41

同感ですネ。

マスコミも政治家も民主主義とは全く関係なおない。単なる逆恨みですね。

著名な方が被害にあわれたことです。もう少し考え方を整理をして、発言をしてほしいです。

投稿: ひで | 2022-07-12 21:08

>ひでさんへ

偏見とはまでは言いませんが、それに近い気がします

投稿: 玉ヰひろた | 2022-07-13 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1940年代の武器 | トップページ | あの・日以来 22日ぶりの晩酌 »