« 日本製の治療薬が不認可の疑問 | トップページ | シュウ酸カルシウム »

2022年8月24日 (水)

‘国葬’に自民も皇室も困惑?

その賛否についてはともかく、安倍前総理の弔いが国葬となれば皇室からも代表者が参列することになります。

慣例で天皇・皇后両陛下は葬儀への参列は行われませんので、代表となれば第一皇位継承者である皇嗣・秋篠宮様(秋篠宮文仁親王殿下)と皇嗣妃・紀子様(文仁親王妃紀子殿下)ご夫妻が参列されることになられます。

※明治以降から皇室は神道の考え方で天皇・皇后は「死の穢れを避る」として実父以外の葬儀には参列しない。ただ、憲法改正後の現在では葬儀には出席しないが弔問はされるようになった)

ただ、世論調査では国民の過半数(メディアによっては80%)が反対している国葬に、皇室が参列することになれば皇室に対しての世論はどうなることでしょう。

静岡福祉大学名誉教授で天皇について著書が多い小田部雄次さんは、心配と危惧するコメントを出していました。

  • 反対が多い国葬に皇室が参列すれば“皇室も国葬を支持している”と受け止める国民もいる
  • 皇室が築かれてきた国民が抱く皇室への信頼や崇敬の念に、将来的に悪影響を及ぼしてしまう可能性をはらんでいる
  • 眞子さんの結婚や悠仁さまの進学を巡って賛否ある中、批判が参列予定の秋篠宮家文仁親王殿下ご夫妻に集中してしまう可能性もある

一部の話しとして、こうした危機感に雅子皇后陛下も憂悶を募らせているらしいです。

そして、最後に「安倍政権以降は政治家が皇室を利用するような動きが増えてきている」というコメントもあったようです。

昔、あの小沢一郎氏が「天皇も国家公務員なのだから・云々」と言いましたが、公僕とすればなおさら世論を考慮するのが当然にでしょう。

それでも、岸田政権は国葬を断行したいのでしょうか?

| |

« 日本製の治療薬が不認可の疑問 | トップページ | シュウ酸カルシウム »

コメント

そうなんですよね、戦前には「国葬令」というものがあったけど、1947年には失効。 吉田元首相は例外として行った。
憲法学者たちは、憲法14条の平等主義に反し、基本的人権の保障にも反する、といっています。
私も国会で118回も嘘をついた人をおいたわしい亡くなり方とは思っても国葬に値するとは思いません。
まして、ミャンマーの軍事政権を招待するなんてひどいです。

投稿: へこきあねさ | 2022年8月24日 (水) 20:25

>へこきあねさんへ

招待状は、外交辞令としてほぼ全世界に出すでしょうから、ミャンマーにも出したのでしょうね。

投稿: 玉ヰひろた | 2022年8月25日 (木) 10:29

難しい問題ですね。個人的には国葬には反対です。

投稿: 吉田勝也 | 2022年8月25日 (木) 11:35

>吉田勝也さんへ

私も反対です

投稿: 玉ヰひろた | 2022年8月25日 (木) 17:31

予算が膨らむことに違和感を覚えます。
仕事きっちり予算ピッタリで、やって欲しいですね。

投稿: もうぞう | 2022年8月25日 (木) 18:57

>もうぞうさんへ

オリンピックのようにはならないようですが、予算が各省庁に分散され名目が変えられるという手法が使われるようです。

投稿: 玉ヰひろた | 2022年8月25日 (木) 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本製の治療薬が不認可の疑問 | トップページ | シュウ酸カルシウム »