« 国土交通省の統計ミス | トップページ | 草葉が蛍光色のように黄緑に輝く »

2022.08.01

期待できないタレント参議ランキング

光文社の女性週刊誌『 女性自身』が、今回の参院選に当選した中で【期待できないタレント議員ランキング】というのを発表しました。

1位 “ガーシー”こと東谷義和:(NHK党)47.2
   暴露話ユーチューバー
2位 生稲晃子(自民党):30.8
   元アイドルグループ、女優
3位 水道橋博士(れいわ新選組):7.2%
   お笑いタレント
4位 松野明美日本維新の会):6.4%
   元陸上選手、政治家(隈本市議、隈本県議)
5位 猪瀬直樹本維新の会):3.6%
   元東京都知事、作家
6位 中条きよし日本維新の会):3.2%
   歌手・俳優
7位 青島健太日本維新の会):1.6%
   元プロ野球選手、スポーツライター、
        テレビコメンテーター、大学客員教授

  (※複数回答可)

上記がそのランキングですが、まず「日本維新の会」の候補者が4人も居ることが目を引きます。

私がこのランキングで気になったのは、アンケートが7月13日から14日のたった2日間だけの実施だったことです。

そして、そもそも「タレント議員」という括り方が疑問です。

この中で、私が思うタレント議員なら「ガーシ―」、「水道橋博士」、「生稲晃子」、「中条きよし」そして「猪瀬直樹」かな。

元マラソンランナーの「松野明美」は政治家であり、「青島健太」はジャーナリスト(講師)という位置づけじゃないでしょうかね。

現在日本国の三権の長の一つ、国会の参議委議長は女優・テレビタレントの山東昭子氏ですし、「タレント議員」というのは芸能関係者やテレビ出演者への職業差別ではないでしょうか?

どこかで、「期待できない二世国会議員」や、「最も辞めてほしい国会議員」というのもやってもらいたいものです。

| |

« 国土交通省の統計ミス | トップページ | 草葉が蛍光色のように黄緑に輝く »

コメント

タレント議員ってこんなにいたのですねぇ。メディアに登場する芸能タレントでも政治に関心を持つことはいいことです。
しか~~し、政治的信条もあいまいなまま、ある政党の集票マシンのように「名を貸す」的な議員では、やり切れません。 「維新」はそんな体質もあるのですね。

投稿: へこきあねさ | 2022.08.02 11:48

誰でもなれるわけですからね。もちろん制限はありますけど。

投稿: 吉田勝也 | 2022.08.02 13:07

>へこきあねさんへ

実際のところ、どんな働きをするかは当選後にしかわからないですよね。


>吉田勝也さんへ

誰でもなれるわけでもなく、無一文でも立候補ができないですよね

投稿: 玉ヰひろた | 2022.08.02 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国土交通省の統計ミス | トップページ | 草葉が蛍光色のように黄緑に輝く »