« コストコの再販店とは? | トップページ | あのプーチンは本物? »

2022年10月30日 (日)

ソウルで150人を超える死者

10月29日午後10時過ぎ、韓国・ソウル市の繁華街、梨泰院(イテウォン)地区でハロウィーン・パーティーのために集まった多くの若者らが転倒し、外国人19人を含む150人以上が亡、82人が負傷した事故のニュースは、今日の国会でも取り上げられ岸田首相が哀悼の意を表すという国際的大惨事となりました。

現場は幅4mほどの狭い坂道で、多くが将棋倒しになっての圧死したとみられていますが、詳細はまだ判明せず死者もまだまだは増えることが伝えられました。

現時点で日本人の死者は確認されていないそうですが、そこは日本人にも韓流ドラマの舞台となった観光地として有名なところで、一部では観光客らなどが10万人は居たのではないかということです。

このニュースで直ぐに頭に浮かんだのが、2001年7月21日夜。兵庫県明石市の歩道橋で群衆雪崩事故が起き、花火見物客11人が死亡、重軽傷者247人を出した『明石歩道事故』でした。

この時も、大勢の人が階段で将棋倒しになっての全員が「圧死」で子供や高齢者が犠牲になりました。

この事故も、責任問題の裁判が長く続きましたが、ソウルの事故も責任や賠償問題が起こることは間違いないでしょう。

ハロウィンパーティーで、大人が仮装し大騒ぎするのは世界で日本と、日本の影響を受けた韓国だけ、本来は子供たちが仮装して楽しむ和やかなお祭りです。

今回の事故の根本原因が、その勘違い(コスプレ大会)騒ぎだとしたらその責任はだれになる(ある)のでしょう?

この事故、どこかの国の工作員が仕掛けたなんて・・まさかですよね。

| |

« コストコの再販店とは? | トップページ | あのプーチンは本物? »

コメント

韓国はキリスト教信者が多いようですが、ハロウィーンは元はケルト人の風習ですし、宗教的なお祭の認識は薄いのでしょうね。日本で流行ったからだとしたら、変な物を輸出してしまったものです。「魔を祓う」行事の筈が、多くの方々が亡くなり痛ましい限りです。合掌

「万聖節イブ」がアメリカに渡り、白い蕪の不気味な髑髏からオレンジのカボチャのランタンという可愛いシンボルに変えられ、日本ではディズニーランド等から広めて商業的な成功を収めた手腕は流石ですけれど、乗せられたくないものです。

投稿: 山桜 | 2022年10月31日 (月) 09:18

>山桜さんへ

幸か不幸か、わがやでは何もその影響がない家庭のままです

投稿: 玉ヰひろた | 2022年10月31日 (月) 11:52

痛ましい事故ですね。

投稿: 吉田勝也 | 2022年10月31日 (月) 13:03

新潟では、弥彦神社で新年早々124人が犠牲になりましたからね~
1956年だったそうな。
そう言われれば、そんな事故があったような気がする程度の記憶です。

投稿: もうぞう | 2022年10月31日 (月) 18:21

>吉田勝也さんへ

ほんとうですね


>もうぞうさんへ

その事故は、申し訳ないですが全く記憶にないです

投稿: 玉ヰひろた | 2022年10月31日 (月) 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コストコの再販店とは? | トップページ | あのプーチンは本物? »