« 「パラシュートの日」と冒険野郎 | トップページ | トラフグの産地が・・ »

2022年10月23日 (日)

無くなる?AT車のオーバードライブ

オートマチック車(AT車)が出始めたころは「スピードモードスイッチ」とか、Odimg_4060 「高速モードスイッチ」などとも言っていた気がしますが、(右は私の愛車のコラムシフトレバー
AT車のシフトノブには「O/D OFF」などと記されたオーバードライブスイッチが備えられてあります。
下は妻の愛車のノブ

Odimg_4061

ところが、昨今は私の妻のようにその使い方が全く解らない人や、存在自体を知らない人も増えてきているようです。

そのせいでしょうか?、最近のAT車にはEV車などを中心にオーバードライブそのものが装備されていない車が増えているようです。

ご存じの方もいると思いますが、「オーバードライブ」とは簡単に言えばこのスイッチをOFFにすると、下り坂では強いエンジンブレーキ作用が得られ、少し大きなパワーが欲しい上り坂などでは力強い加速が得られます。

しかし、これ使わなくても運転に支障は無く、一生使わないでも済むのもこれです。

ただ、今月の13日に起きた静岡県小山町の県道で観光バス横転事故では、フットブレーキの使い過ぎ原因でブレーキが効かなくなったものとされエンジンブレーキの利用が注目されました。

事故のバスがAT車だったかMT車だったかは不明ですが、フットブレーキを使い過ぎると「フェード現象」(ブレーキそのものが熱を持つ現象)や「べーパー現象」(ブレーキフルードが沸騰して気泡が発生する現象)でブレーキが効かなくなることがあります。

ブレーキが効かなくなった場合の対処法は、まず「ハンドブレーキを使い減速を図る」、「ハンドブレーキがだめなら土手など頑丈なものなどに車体をぶつける」と習いましたが、今回の事故ではドライバーは両方のやり方を行っているようですから、マスメディアはいろいろ言ってますがその意味でドライバーは冷静だったのかもしれません。

乗用車の場合、今はフェード現象が起こりにくいディスクブレーキが標準になり、それほど気にしなくても良いように作られていますが、オーバードライブOFFというやり方を知っておくのも大切だと思います。

マスコミは、オーバードライブ機能についてなぜ説明の報道をしないのでしょう?

| |

« 「パラシュートの日」と冒険野郎 | トップページ | トラフグの産地が・・ »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
「オーバードライブ」は、初めて聞きました。

投稿: H.K | 2022年10月23日 (日) 19:21

>H.Kさんへ

知りませんでしたか?

投稿: 玉ヰひろた | 2022年10月23日 (日) 19:51

オーバードライブ、もう忘れていました。
今オーバード時大型車もディスクブレーキが当たり前だと思っていました。
構造上難しいのだそうですね。
排気ブレーキは、今でも使っているのでしょう?

投稿: もうぞう | 2022年10月24日 (月) 08:20

>もうぞうさんへ

大型車やトラックでの排気ブレーキは、今でも常識ですね。
ただ、中型車以下はアクセルと排気ブレーキが連動するタイプで、大型車のように独立してレバーがあるのは見ないです。

投稿: 玉ヰひろた | 2022年10月24日 (月) 09:47

ブレーキが利かない経験がないので分かりませんが余程怖かったでしょうね。

投稿: 吉田勝也 | 2022年10月24日 (月) 14:12

>吉田勝也さんへ

私も似たような体験を持つのでわかりますが、それは想像を絶する恐怖だったはずです。

投稿: 玉ヰひろた | 2022年10月24日 (月) 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パラシュートの日」と冒険野郎 | トップページ | トラフグの産地が・・ »