« 温暖化ガス対策には牛?! | トップページ | 「Microsoft Edge」にも慣れた・・・ »

2023年1月18日

118番の日と振袖火事の日

今日は1月18日で海上保安庁が決めた「118番の日」、そして明日は1月19日で消防庁が決めた「119番の日」、陸と海の緊急連絡番号の記念の日が続きます。

歴史に残る火災といえば、今から360年以上も前の明暦3年(1657)に発生し多くの死傷者を出した江戸の大火災があります。

振袖火事ともいわれるその大火災が発生したのも1月18日、それに由来しきょうは「振袖火事の日」という記念日でもあります。

1657(明暦3)年のこの日、江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失し、死者が10万人にもおよんだ明暦の大火が起きた。

「振袖火事」とは、

 上野の神商大増屋十右衛門の娘おきくは、花見の時に見初めた美しい寺小姓を思い、小姓が着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてもらい毎日寺小姓を想い続けたが、恋の病に臥せったまま明暦元年1月16日、16歳で亡くなってしまった。

寺では法事が済むと、しきたり通り振袖を古着屋へ売り払う、その振袖を本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花のに渡るが、それ以来お花は病気になり明暦2年の同じ日に死亡した。

その後に振袖は再び古着屋の手を経て、麻布の質屋伊勢屋五兵衛の娘おたつのもとに渡ったが、おたつも同じように明暦3年の1月16日に亡くなってしまうという不可思議な死が続く。

おたつの葬儀に、十右衛門夫婦と吉兵衛夫婦もたまたま来ており、三家は相談して、因縁の振り袖を本妙寺で供養してもらうことにしたが、和尚が読経しながら振袖を火の中に投げ込んだ瞬間、突如吹いたつむじ風によって振袖が舞い上がって本堂に飛び込み、それが燃え広がって江戸中が大火となった。

というのが史実のようです。

ところが、話は戯作者などによって内容が悲恋話に変えられ芝居で上演されるなどして大流行し、史実とは違う戯作者の内容が事実のようになっていきました。

これは、赤穂浪士の話なども同じですが、何百年たっても作家やメディアの力というのは火災より恐ろしいところがあります

|

« 温暖化ガス対策には牛?! | トップページ | 「Microsoft Edge」にも慣れた・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温暖化ガス対策には牛?! | トップページ | 「Microsoft Edge」にも慣れた・・・ »