« 名前の妙、プーチンとゼレンスキー | トップページ | 「たけお」という名に使う漢字 »

2023年6月28日

神に嫌われる 1円硬貨のお賽銭

東京都北区内にある「王子稲荷神社」は、江戸時代から庶民に親しまれ落語「王子の狐」の舞台となったほか、狐のお面や装束を身につけた人々が参拝する大晦日の「狐の行列」で知られているところですが、ここが掲げた立札が話題になっているようです。

話題の立て札は賽銭箱の上にあり、

「(お賽銭に)1円玉は 御遠慮下さい

お賽銭には「1円硬貨」は使わないでほしいと呼びかけるものです。
さらに、その立札には神社側の事情・理由も記されていて

1円玉は銀行入金で1円以上の手数料が必要になり、お賽錢が無意味になります

それがツイッターに投稿され、多くの人から賛否両論の声が集まり話題になったようです。

昨年の1月から、ゆうちょ銀行でも、一定上の枚数の硬貨には入金の際に手数料がかけられるようになりました。
硬貨の預け入れが有料になった: つぶやき古道(コミチ)

立札はゆうちょ銀行が有料化したころに神社はたてたようです。

今回のをゆうちょ銀行で例えると、1円硬貨を600枚(600円分)入金すると、その手数料は1100円がかかり500円の赤字になりますから、神社側の事情もよく解ります。

参拝者にも理解者も多くありましたが、「賽銭は気持ち。お金を無意味とするのは違うのではないか?」、「こういう掲示でマイナスなイメージがつく」との疑問も寄せられたようです。

1円玉のお賽銭については、全国のの神社仏閣でも運営に影響が出ているようです。

その対策として、いろいろ考えられているそうです

  1. 王子稲荷神社のように遠慮するよう呼びかけるところ
  2. 小銭が必要な商店街と両替する試み
  3. 電子マネーのお賽銭にするキャッシュレス化を進める
    等々・・

ただ、これらも地元との協議の問題や一長一短があり、神社仏閣では苦労しているようです。

神も仏も、世知辛い世の中です。

「募金」には手数料がかかりませんが、賽銭・浄財は募金扱いにはならないのでしょうかね?

| |

« 名前の妙、プーチンとゼレンスキー | トップページ | 「たけお」という名に使う漢字 »

コメント

困った問題ですね。
解決法はズバリ、1円玉をこの世から無くす?
なんてね。

投稿: もうぞう | 2023年6月28日 18:42

>もうぞうさんへ

それも消費税があるため、小売店では釣銭として無くせないようです

投稿: 玉ヰひろた | 2023年6月28日 19:37

ヒントは、JR運賃や料金です。

スイカなどでは1円単位で、現金では10円単位にするとか?

いずれにしてもゆうちょ銀行や一部の金融機関は、けしからんですよ。

投稿: もうぞう | 2023年6月29日 19:18

>もうぞうさんへ

そのうちに通帳も有料になるとか。気分が悪いです

投稿: 玉ヰひろた | 2023年6月29日 20:03

通帳無しの銀行が増えてきましたが・・
まだまだネット通帳より記帳が出来る通帳が 便利ですね
カード決済が増えたので、付け合わせするときは
記帳通帳が確かです

高齢だと尚更 です

神社仏閣まで 一円お断り なんて
世知辛い世の中ですね

面白い話題でした
有り難うございます

投稿: 西 | 2023年7月 1日 10:28

>西さんへ

やはり通帳がいいですよね。
自分のお金、という感じになります

投稿: 玉ヰひろた | 2023年7月 1日 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名前の妙、プーチンとゼレンスキー | トップページ | 「たけお」という名に使う漢字 »