« 大阪・関西万博に福島県の杉材使用 | トップページ | 『古書』と『古本』の違いは? »

2023年8月29日

草刈り作業の姿は

どんなに暑くても、雑草は伸びてくるもので、草刈り機の出番は待ったなしです。

さてその草刈り作業の時の私の様子はと言えば、下から

  • 長靴にカバー(スパッツ)をする
  • 腰に、スマホとペットボトルに入れた飲料水
  • 半袖Tシャツは、蜂除けの為なるべく白いもの
  • 手に手袋をして、腕にはアームカバー
  • 顔には、目を保護するゴーグル
  • 日よけの麦藁帽子、額に汗止め
  • 首にはタオルを巻く

本来はヘルメットをかぶることが言われていますが、そこまでは暑いのでやっていません

つまり、作業は安全のため夏でもなるべく肌を出さないような服装になります。

この格好での作業は、未経験者でも暑そうに感じることでしょうし、実際に暑くて汗が滝のように流れます。

一回の給油で、草刈り機は燃料満タン(500~550cc)でだいたい90分は稼働しますが、夏の間は予備燃料は携行せずこの稼働時間以内に一度休憩を入れながら終了するように心がけてます。

ただ、あとちょっと全部刈り終わると思うと、燃料が残っているとやってしまうのが常です。

それが、吉と出るか凶と出るかは運しだい・・・なんてことを言ったら家族に怒られそうです(笑)

| |

« 大阪・関西万博に福島県の杉材使用 | トップページ | 『古書』と『古本』の違いは? »

コメント

よくパンフレットでは、刈払機との表記が多いようです。
草刈り機と違いがあるのでしょうか?

投稿: もうぞう | 2023年8月29日 19:22

>もうぞうさんへ

同じものです。
メーカーは「刈払い機」の名称を使用しますが、ホームセンターなどの店舗では「草刈り機」の名称を使うことが多い気がします。

投稿: 玉ヰひろた | 2023年8月29日 19:53

近年は福島でも東京以上の気温が報道されています。
このかっこうでの作業は炎天下では20~30分の作業でないと危険と思えます。
私の狭庭でさえ、朝は8時まで、夕方は4時過ぎでないと作業はしません。
どうぞ、ご安全にと祈念いたします。

投稿: へこきあねさ | 2023年8月29日 21:07

自分の家の狭い庭で、朝10時前に30分の草刈でも褪せビッショリです。

下は長いズボンですが、上は半そででもです。とにかく30分以上は作業しません。

ただテニスは炎天下で行いますが、連続で20分ぐらい、あとは日陰で水分補給&休息5分です。

投稿: JACKS | 2023年8月30日 06:47

>へこきあねさんへ

以前にも言いましたが、福島の夏は東京より気温が高いのが普通のことですので、それなりに皆作業をしています


>JACKSさんへ

慣れというものはすごいもので、いつも暑いところに居ますで意外に動けるんですよ。
ただ、冷房の利いたところにちょっとでも入ったらもう無理です。

投稿: 玉ヰひろた | 2023年8月30日 08:07

本当に困った草ですが・・。昔から延々と草刈りをしてきたのでしょうね。それで今の状態だと思います。
ほっておくと、大変になりますので、ボチボチですが、大変な作業ですね。

投稿: ひで | 2023年9月 1日 08:08

>ひでさんへ

やらない人も居ることはいるんですが、わたしは気になってダメです

投稿: 玉ヰひろた | 2023年9月 1日 15:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪・関西万博に福島県の杉材使用 | トップページ | 『古書』と『古本』の違いは? »