« 今年の漢字は『 日 』 | トップページ | 予約電話のイライラ »

2023年12月27日

コービット19は今

報道からはほぼ消えた感があるコービット19感染の話題ですが、26日に福島医大放射線健康管理学講座の斎藤宏章博士研究員がコービット19ワクチンの抗体の増加には、通常の風邪や黄色ブドウ球菌に対する抗体が関係している可能性があるとの研究結果を発表しました。

コービット19にはワクチン接種後に抗体の増加が見られにくい人がいることが知られていますが、その要因は分かっておらず、斎藤氏によれば今回の研究結果がその解明につながる一歩だということのようです。

もしその仕組みが判明すれば、他のコロナウイルスのインフルエンザや風邪の特効薬ができるな可能性にまで行き着きます。

そしたら将来は、ノーベル賞?

| |

« 今年の漢字は『 日 』 | トップページ | 予約電話のイライラ »

コメント

福島医大で、コロナの抗体の増加が風邪や黄色ブドウ球菌に対する抗体が関係していっらしい、との研究結果がでたのですか?
さすれば、なんだか身近な研究になってきたような気もします。友人でコロナの後遺症にもう1年以上前になったのみ、いまだに苦しむ人がいます。
早く解明できるといいでね。

投稿: へこきあねさ | 2023年12月27日 20:28

>へこきあねさんへ

まだまだかかるとも思いますが、解明になる可能性は高まったようですね

投稿: 玉ヰひろた | 2023年12月28日 08:32


研究者は、地道な取り組みの成果ですかね.
実用化がされるといいですね。

投稿: ひで | 2023年12月28日 09:15

>ひでさんへ

実用化、早いといいですよね

投稿: 玉ヰひろた | 2023年12月28日 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の漢字は『 日 』 | トップページ | 予約電話のイライラ »